お問い合わせ・資料請求
03-6427-9800
平日受付 11:00 〜 18:00

電子薬歴メディクス2導入で確かな手応え
タブレットを活用しハイレベルの服薬管理を実践

とみおか薬局様 導入事例(調剤と情報2018年4月より転載)

とみおか薬局様の外観

千葉県浦安市の閑静な住宅街にある有限会社とみおか薬局は、処方箋受け入れ医療機関数120に上る典型的な面展開型店として、地域医療を支えている。
勤務薬剤師はパートを含め6人で、1日平均80 ~ 90枚程度の処方箋を受け入れている。
開設者の田中靖祥氏が、浦安市薬剤師会会長であることから地域活動にも精力的に取り組み、在宅業務にも力を入れている。
同社は、電子薬歴システム「メディクス2」の導入を通じて、業務の効率化と服薬管理業務の質向上を達成している。大手調剤チェーンでの勤務経験があり、現在は同社の二代目として店舗を管理する田中秀明氏に導入のメリットなどを聞いた。

業務効率化と服薬管理の質向上に成果

「薬歴の目的は、患者さんへの服薬指導の充実だけでなく、安全対策の徹底や薬剤師相互の情報共有をよりスムーズにして、次の薬剤師につなげることにあります。メディクス2は、業務効率化だけでなく、服薬管理の質向上という点で極めて有用なシステムだと感じています」と、田中秀明氏はメディクス2導入意義についてこう語る。

田中氏は、導入効果について以下の5点を挙げる。

1つ目は、以前使っていたシステムは、家族などの複数薬歴を見る際、その都度ファイルを閉じたり、完了しないと薬歴を見ることができなかったが、メディクス2 導入後は複数患者の薬歴をタブ切り替えだけで、同時に閲覧・入力ができるようになった。
2つ目に、処方薬に紐づけたテンプレートを自作できるので、入力作業を大幅に効率化することができた。
3つ目に、簡単に写真を撮って保存できるようになったこと。とみおか薬局では、一包化のパックに記載する内容や質問表などを写真で撮っていつでも確認できるようにしている。
4つ目に、薬歴の書式や確認事項・頭書きの項目などを、店舗の実態に合わせて自由にカスタマイズできること。
そして、5つ目に薬局内で一番高評価な点が、タブレット端末で使えるということだ。

薬歴を持ち運べるタブレット

「以前から、タブレット端末を使って薬歴管理をしたいと考えていました。
据え置き型のタイプは場所も取るし、足の悪い患者さんを投薬カウンターまで来てもらうことにも抵抗がありました。
メディクス2はタブレットでもパソコンと同じように使えて、どこでも入力ができるようになりました」と、タブレット端末の使い勝手の良さを強調する。

「なにより、タブレットに対応したことで、薬歴を持ち運びできるようになったことが一番分かりやすいメリットです」として、薬局内のどの場所でも薬歴が参照・入力でき、椅子に腰掛けた患者さんの傍らで説明することも可能になった。
また、在宅業務においても、従来は端末のスプレッドシートに入力したデータを、薬局に戻ってから据え置き型の薬歴システムに入れ直すという手間があったが、訪問先で患者さんや医師、ヘルパーなどから聞き取りした内容をその場で薬歴入力できるので、報告書などの作成も細部の修正程度で足りるようになったという。

より安全な服薬管理とその継続性の確保

こうした業務効率改善における成果に加えて田中氏が指摘するのが、システムに組み込まれた処方監査アラートによる医薬品のチェック機能だ。
「今回処方された薬や、過去に処方されて飲み残した薬とのチェックはもちろん、患者さん毎に過去に合わなかった薬や併用薬を登録しておくとメディクス2 が的確に薬のチェックをしてくれることも大きなメリットです。
薬剤師の本来業務ではありますが、服薬指導時の見逃しを回避できることで、より安全な服薬管理を実現することができるようになりました」と、安全対策上の意義や薬剤師相互の情報共有による服薬管理の継続性確保の重要性も、導入メリットに挙げる。
面展開をベースに在宅医療にも力を入れる同社は、メディクス2をフル活用し、地域住民の健康を支える薬局としての機能強化を実現している。


ご質問・ご要望など、お気軽にお問い合わせください。
資料請求・お試しデモも無料です。