IT導入補助金を活用して、メディクスを導入。薬歴にかかる時間が減少。

オレンジ薬局

電子薬歴 メディクス

埼玉県を中心に6店舗を展開するオレンジ薬局。
長年使っていた電子薬歴から、なぜクラウド型電子薬歴への変更を決意したのか、メディクス導入後の変化について、井上先生にお話を伺いました。

オレンジ薬局についてお聞かせください。

オレンジ薬局は、埼玉県を中心に、6店舗の調剤薬局を展開しています。
1日の処方箋受付枚数は店舗差や季節差もありますが、1店舗あたり30~100枚になります。
その枚数に応じて薬剤師人数に余裕があるように、シフトを調節しています。
2020年12月から、メディクスをグループの5店舗に順次導入しました。

電子薬歴 メディクス
オレンジ薬局川島曲師店では、ドライブスルーも行っている。

時代の主流は「クラウド」。IT導入補助金を活用して、システム導入。

メディクス導入に至った背景は何ですか?

面処方箋や在宅など、薬局を取り巻く環境が変化する中、時代の主流はクラウドになりつつあるかと思います。
オレンジ薬局でも、長年、レセコン一体型の電子薬歴に慣れていたので、例えば他店舗で書き残した薬歴があった際も、マンパワーで対応していました。
その中で、クラウド型の電子薬歴が増えてきていることを知り、クラウド型の電子薬歴メーカーにデモの依頼をしました。

メディクスを選定したポイントはどこでしょう?

選定の基準は「現場的な労働環境の効果的な改善」と、「経営者的なコスト軽減」の2点です。
特に、従来の電子薬歴は、定期的に更新費用が何十万とかかっていました。
メディクスは、更新費用がなく、月額料金が変わらず端末を増やせる点が魅力的でした。

ちょうどそのタイミングでIT導入補助金も活用できたので、メディクスが他社に比べて補助金額が大きかった点も、プラスの材料になりましたね。

オレンジ薬局では、C類型(メディクス購入金額の2/3が補助)で申請されました。

そうですね。ですのでオレンジ薬局では、持ち出し費用がほとんど無い状態でメディクスを導入できました。
申請の手続きは、多少手間はかかりますが、恩恵は大きいです。

メディクスは、IT導入補助金の通過実績も豊富で、申請に関わるサポートも手厚いので、そこもアピールポイントになるかもしれませんね(笑)。

アピールありがとうございます(笑)。
IT導入補助金は、申請サイトへの詳細情報の登録が必要なので、サポートには特に力を入れております。

オレンジ薬局でも、営業さんと協力しながら、スムーズにIT導入補助金の申請を行うことができました。

ありがとうございます。そう言っていただけるとこちらも嬉しいです。

電子薬歴 メディクス
タブレット端末でも、PCでも利用可能。
電子薬歴 メディクス
台数制限なし。店舗内で何台でも利用可能。

薬歴にかかる時間が減少。クラウドならではの「他店舗機能」と「集計機能」

導入にあたって、現場の不安や不満はありましたか?

もちろん、新しいシステムを導入する、不安や不満が「0」だったわけではありません。
しかし、最終的には従業員のメリットになると思い、導入を決意しました。

現場が新しいシステムに慣れるまでの個人差を考慮し、1~2か月くらいの導入時期をずらして対応していきました。
しかし、実際は大きな混乱もなく、一斉に導入しても問題はなかったと思っております。
現場からも、「薬歴にかかる時間が以前より減少した」という声をもらっています。

実際に導入して、特に変化したことはなんですか?

他店舗からでも薬歴作成が可能になったので、複数店舗に勤務する薬剤師の負荷が減りました。これはクラウド型電子薬歴の大きなメリットですね。

また、メディクスは、薬歴作成に関わる仕事を効率化してくれるので、忙しい時期も薬剤師が対人業務に時間を使えるようになりました。
こういった変化が、集計機能によって数字でわかるのも、経営上とても助かっています。

電子薬歴 メディクス
店舗毎の薬歴記載状況を数字で把握することが可能。

メディクスを検討している薬局の方へ

最後にメディクスを検討している薬局の方へ、メッセージをお願いします。

薬局運営は、診療報酬上、今後さらに厳しくなることが容易に予想されます。
これから先、こうした大変な環境の中で薬局運営を行うためには、必要のないコストを正しく削ることが大切です。

電子薬歴は、「今のままでいい」「変更するのが手間」と考える薬局さんも多く、慣れたものをそのまま使用しているところも見受けられます。
ただ、当局のようにクラウドに移行して、将来的なコスト軽減や、現場の業務効率の改善など、たくさんのメリットが得られるケースもあると思います。

オレンジ薬局ではIT導入補助金を活用できたため、幸いにも、最小限の額の支出で電子薬歴の移行ができました。
他社に比べてメディクスは補助金額が大きかったのもありがたかったです。その意味でも、メディクスには感謝しています。

興味がある薬局さんは、是非、お話やデモだけでも検討してみてはいかがでしょうか?

電子薬歴 メディクス

についての
お問い合わせはこちら
への
お問い合わせはこちら
ご質問・ご要望など、お気軽にお問い合わせください。
資料請求・お試しデモも無料です。