• 所在地東京都中央区
  • 店舗数2店舗
  • 抱えていた課題薬歴作成に時間がかかっている、店舗間の薬剤師の移動が多い

有限会社小幡薬局 様

電子薬歴 メディクス

1947年創業の、東京都中央区蛎殻町に位置するオバタ調剤薬局。300m先に系列店のチトセ薬局もあり、地域に密着した薬局です。2020年9月にメディクスを導入。今回は、メディクス導入に至った経緯や、メディクスを導入したことによる変化について、小幡様にお話をうかがいました。

「薬歴で残業が発生する」ことへ疑問。使いやすさを求めてクラウド型へ。

電子薬歴の変更を検討したきっかけをお聞かせください。

もともと、一体型の電子薬歴を使っていました。ずっとそれで慣れてはいたのですが、操作の部分で少し煩わしいと感じる部分もあり、「薬歴で残業が発生する」ということに、ずっと疑問をもっていました。

展示会などにも参加しながら、「一番使いやすい電子薬歴はどれなのか」、常に模索していましたね。

クラウド型の電子薬歴で探されていたんですか。

ある程度、クラウド型の電子薬歴で絞って探していました。
オバタ調剤薬局とチトセ薬局の距離が近く、私自身、薬局を行ったり来たりしています。
ですので、「オバタ調剤薬局で書ききれなった薬歴を、チトセ薬局でも書くことができる」ということに、クラウド型の魅力を感じていました。

電子薬歴 メディクス

患者さんの細かい情報も記入しやすい。患者さんに合わせて柔軟に対応。

メディクスを選定したポイントはどこですか。

個人的には、感情が乗せられる紙薬歴が好きなんですよ。
薬とは関係ない患者さんのバックグラウンドとかも、記録として残しておきたいじゃないですか。

クラウド型の電子薬歴を何社か見た時に、メディクスが一番、薬剤師として「薬歴に残したい内容を残せる」と感じました。

最近の電子薬歴は、いくつかの指導例文が出てきて、それをクリックすれば、誰でも同じクオリティの薬歴が書けるくらい便利になっています。

メディクスはそれだけではなく、例えば、細かく処方が変わる患者さんの麻薬の量が、どんないきさつで変わったのか、そういった細かい情報も薬歴に載せやすい仕様になっています。

「ただ簡単に薬歴が作成できる」「個別指導も通る」というだけではなくて、違う薬剤師が投薬したときにも、いきさつがわかりやすい薬歴が作成できると感じたので、メディクスを選びました。

実際に、導入して変化はありましたか。

格段と使いやすくなりました。
以前の一体型の電子薬歴の時は、早くても2分ほど薬歴作成に時間がかかっていましたが、今は早いと30秒くらいで作成することができています。

メディクスの定型文は、SOAPをまとめて一括登録もできるので、春夏秋冬の定型文を作ったりもしています。春は花粉症、夏は「汗をかくとシップが痒くなりますよ」といった具合に、お仕事帰りのサラリーマンの方などにも、素早く対応できるようにしています。

その分、プラスアルファの情報がある患者さんにも、時間を使えています。

各患者さんの状況に合わせて、上手く棲み分けができているんですね。

そうですね。
この前も、「最近は隅田川沿いをこのルートで散歩しているんだよ」と話してくれた患者さんがいました。こういった薬と関係のないことも、薬歴に残すようにしています。

患者さんとのつながりを作るうえでも、こういった情報がトピックとして大事だと考えています。そうした積み重ねで、「またここにきたい」「ここは私のかかりつけだ」と、患者さんから思ってくれるのではないかと思います。

メディクスなら、「生活習慣」という項目を増やしたりすることもできるし、紙薬歴と同じような熱量を薬歴に残せるだけの、創造性やカスタマイズ性があります。

効率化できるところは効率化し、オリジナルの情報を残したい患者さんには、しっかりと情報を残す、
そういった柔軟な使い方ができる電子薬歴だと思います。

電子薬歴 メディクス
自由に項目を作成することも可能

ブラウザ型で場所を選ばない。在宅業務の効率化も実現。

もともと、オバタ調剤薬局では、薬歴を作成する端末が6台ありました。

そうです。ですので、以前の電子薬歴ですと、薬歴を作成するときは、どうしてもその端末がある場所で、薬歴を書かなければなりませんでした。

メディクスはブラウザ型で、どの端末からでも入力することができるので、「この場所で入力しなければならない」という縛りはなくなりました。忙しい時も、空いている端末を使ったり、タブレットで書いたりもできるので、自由度が上がりましたね。

ただ、みんながいろんな所で薬歴を書くようになったので、「そこで薬歴書いていたら邪魔だよ!」って思う時もあります(笑)。

嬉しい悲鳴です(笑)。タブレットを薬局外に持ち出しても使っていただいていますね。

基本的には在宅の際に、持ち出して利用しています。
メディクスに変えてからは、在宅の報告書もすごく楽になりました。

以前の電子薬歴にも報告書の機能はありましたが、報告書を作成するために改めて追記しなければいけないことも多かったので、報告書の作成に手間がかかっていました。

メディクスは薬歴を作成したら、自動的に報告書に反映されるので、改めて情報を登録する手間がなくなり、格段と楽になりましたよ。

電子薬歴 メディクス

最後に、今後薬局として、取り組んでいきたいことをお聞かせください。

チトセ薬局は地元の高齢者の方のケアができる薬局へ、オバタ調剤薬局は小児科により特化したいと考えています。「あの薬局に行くと、子どもも遊べるし、薬の飲ませ方も丁寧に教えてくれる」と思ってもらえたらいいですね。

「あそこに行くと、あの薬剤師がいる」という安心感を持っていただけるよう、できるだけ今のスタッフで続けていきたいです。

20年後、今来ている患者さんの子どもが生まれて「まだあの人、あの薬局にいた!」って言われたいですね。


導入事例

有限会社広田薬局 様

兵庫県を中心に3店舗の調剤薬局を展開する有限会社広田薬局。中でもひろた調剤薬局は、淡路島の中心に位置し、小児科・アレルギー科と、耳鼻咽喉科のクリニックを中心に、淡路医療センターからも幅広く処方箋を受け付けています。2021年9月にメディクスを導入しましたが、メディクス導入前、他社のクラウド型電子薬歴を導入したというひろた調剤薬局。今回は、なぜ、他社クラウド型電子薬歴からメディクスに変更したのか、メディクス導入後の変化について、杉本様にお話をうかがいました。

株式会社アップウェルズ 様

大阪府大阪市に店舗を構える、さん薬局は、面で幅広く処方を受けており、全体の6割が、整形外科、内科、小児科のクリニック、4割が在宅医療機関から在宅患者さんを受け入れています。2022年2月にメディクスを導入しましたが、メディクス導入前、他社のクラウド型電子薬歴を利用していました。今回は、なぜ、他社クラウド型電子薬歴からメディクスに変更したのか、そして、メディクス導入後の変化について、打上社長にお話をうかがいました。

岡山平成薬局 様

岡山県内に3店舗の調剤薬局を展開する岡山平成薬局。代表の水嶋様は岐阜県の平成調剤薬局から2006年に独立し、株式会社オーシャンを設立。「紙薬歴の良さがある」と、電子薬歴を導入していなかった岡山平成薬局が、なぜメディクスを導入したのか。今回はメディクス導入に至った経緯や、メディクスを導入したことによる変化について、水嶋様にお話をうかがいました。

導入事例をもっと見る

料金体系

メディクスの料金プランは「何台置いても月額利用料一律」が特長です。
ご導入時は初期手数料と、あとは月額利用料のみでご利用いただけます。
詳しくはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。
※薬局外に持ち出してメディクスを利用する場合は別途設定および利用料金が必要です。

料金プランの詳細はこちらから

よくある質問

導入に必要な期間はどのぐらいですか?
通常は2週間ほどでご導入が可能です。導入時期によってはお時間を頂くこともございます。
メディクスは高スペックのパソコンでなければ使えないのでしょうか?
いいえ。ノートパソコンやiPad・Surface・Chromebookなどのタブレット端末でも薬歴の記入ができます。
メディクスはレセコン一体型の薬歴ですか?
メディクスはクラウド型電子薬歴です。レセコン一体型ではなく、お使いのレセコンと連動させることで機能します。
地方の薬局ですが、出張デモは可能ですか?
可能です。またオンラインでのご説明も行っております。
無料のお試しが可能な出張デモ、お見積、ご質問など、お気軽にご相談ください。
いま使っているレセコンデータと連携できますか?
NSIPS®に対応しているレセコンであれば連携可能です。
お使いのレセコンがNSIPS®に対応しているかは、現在お使いのレセコンメーカーに確認をお願いします。
他社システムで作成・保存してある過去の処方薬情報は移行できますか?
NSIPS®に対応しているレセコンであれば過去の処方薬情報を移行できます。
他社システムで作成・保存してある電子薬歴は移行できますか?
「電子薬歴データ交換仕様に関する連絡協議会(exPD:association for exchange of Pharmacy electronic medical record Data)」に加盟している電子薬歴のデータは、データ移行が可能となります。
その他のご質問

セミナー情報

開催日時:
2022年5月17日(火)19:00~ / 6月14日(火)19:00~

【在宅2本立て】『在宅療養支援診療所から薬局へ分かち合いたいこと』トークライブ&『在宅療養支援診療所から見える在宅医療の今とこれから』

前回、3月17日に「かがやきクリニック」院長、南條浩輝先生を講師として実施した弊社セミナー、『在宅療養支援診療所から薬局へ分かち合いたいこと、在宅でこれから求められる薬剤師像とは』には、本当にたくさんのご聴講、ご意見をいただきました。ありがとうございました。 それから数ヶ月を経て、4月1日の調剤報酬改定も踏まえ、再び「在宅」を大きく取り上げるセミナーを、同時申し込みの2本立てで開催します。講師には、改めまして、大阪府堺市で小児在宅医療と在宅緩和ケアを中心に取り組んでいらっしゃる医療法人輝優会「かがやきクリニック」院長、南條浩輝先生をお招きします。

開催日時:2022年5月20日(木)19:00~

【今、薬局が狙われている!?】後で後悔しない薬剤師が知っておくべき薬局のセキュリティ対策(基礎)

サイバーセキュリティ教育で多くの実績を持つグローバルセキュリティエキスパート株式会社(GSX)との強力タッグで、医療現場におけるネットセキュリティ対策、いわゆる「サイバーセキュリティ対策」の現状を読み解き、今後の事故の予防策と発生時の対応をお伝えします。 個々に対応が必要な状況ではあるが対策が足りていない、という医療業界の現状を踏まえた上で、インターネット上での事故の予防策と発生時の対応から対策までを解説します。

開催日時:2022年4月19日(木)19:00~

【周りから一歩先行くために】薬局がウェブでやるべき3つのこと(中級編)

※ 今回は、再放送を含めて3回のセミナー開催のご案内です。過日開催した弊社セミナー『【この先、生き残るために】薬局がウェブでやるべき3つのこと(初級編)』にて、好評なご意見を数多くいただきました。ありがとうございました。満を持して満を持して、5月19日、『【周りから一歩先行くために】薬局がウェブでやるべき3つのこと(中級編)』を開催いたします。今回も、引き続き、調剤薬局経営の中でもどうしても後手になりがちな「ウェブ対策」に注目します。

お役立ち情報、冊子無料ダウンロード

IT導入補助金2021のIT導入支援事業者に登録されました!

IT導入補助金2021のIT導入支援事業者に登録されました!
IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートする補助金です。 くわしくはIT導入補助金のページよりご確認下さい。
https://medixs.jp/ithojo2021/