• 所在地東京都、神奈川県
  • 店舗数4店舗
  • 抱えていた課題薬歴作成に時間がかかっている、個別指導に不安がある

合同会社クラマス 様

電子薬歴 メディクス

東京都と神奈川県に4店舗の調剤薬局を展開する合同会社クラマス。「ただ薬を渡すだけではなく、薬を通して健康をサポートする」薬局として、地域に密着し、在宅医療にも積極的に取り組んでいます。今回はメディクス導入に至った経緯や、メディクスを導入したことによる変化について、厚目様にお話をうかがいました。

電子薬歴はクラウド型で探していたんですか。

クラウド型の電子薬歴の方が長期的に見ると安いんですよ。
あとは、店舗が複数あるので、別店舗から薬歴が書けたり別店舗の薬歴の状況が見られるというのもあって、クラウド型の電子薬歴で探していました。

メディクスを選定したポイントはどこですか。

ひとつは、「簡便さ」です。

実は、当時知り合いの店舗で、別のクラウド型の電子薬歴を使っていたので見せてもらいました。
見たときに、その電子薬歴は、今まで使っていた電子薬歴からの変化が大きいという印象を受けました。

一方でメディクスは、従来の一体型の電子薬歴を使っていた人でも使いやすく、スムーズに移行できると感じましたね。

画面遷移が少なく薬歴作成の工程が少ないので、「薬剤師目線で作られている電子薬歴」という印象を受けました。

指導文のテンプレートも使いやすいし、使いやすくカスタマイズできるところも良かったです。
テンプレートが充実しているだけではなく、手入力しなければならない患者さん固有の情報なども、しっかり残せるように作られているので、最終的にはメディクスを導入しました。

個別指導も直近であったとのことでした。

そうですね。
ヤシの木薬局南馬込店では薬歴の内容については、特に指導を受けた部分はなかったです。

テンプレートを入力しているだけだと、こういった個別指導でも指導を受けるので、そういった意味でも、患者さん特有の情報は入力しなければいけませんね。

具体的に「患者さん特有の情報」とはどういった内容を薬歴に残していますか。

はい、意識して生活像等を残すようにしています。
毎回同じ処方で、「お変わりないですか」「お大事に」だけではなくて、例えば患者さんが野球をされているなら「野球をしている」など、次の投薬の際にプラスアルファの情報を残すようにしています。


大事なのは「次の投薬の際にわかる」「投薬に活かす」記録を残すことが大切だと感じています。

こうしたプラスアルファの情報を残しておくことで、患者さんに「またこの薬局に来たい」と思ってもらえるような、薬局の価値づけができるのではないかと考えています。

電子薬歴 メディクス

実際にメディクスを使ってみていかがでしょうか。

動作が速いですね。
勝手なイメージですけど、クラウド型の電子薬歴ってもっと遅いのかと思っていました。
サクサク動くので、ノンストレスで使えています。

あとは、店舗内で端末を自由に増やせるのもいいですね。
従来の一体型の電子薬歴だと、PC一台増やすだけで少なくないお金がかかってしまいます。

メディクスは、店舗内に何台PCを増やしても値段が変わらないというのが良いですね。
薬局でPCを買ってしまえば簡単に薬歴端末を増やせます。

人が増えたりしても大丈夫という心理的負担も減りました。

あとは、社員ではないヘルプの薬剤師で「メディクスを使ったことがない」という人も問題なく使えているので、ITが苦手な人やご年配の方でもすぐに使えるようになると思います。

あとこの前教えていただいた「患者ラベル」の機能、いいですね!
一包化や予製などの見落としが減りましたし、色でわかれていて、患者さんを探しやすいです。

電子薬歴 メディクス
「一包化」「予製」「座席投薬」など自由にラベルを作成可能。

在宅における業務は効率化されましたか。

報告書や計画書が作りやすいですね。
それまで使っていた電子薬歴には、計画書を作る機能がなかったので、エクセルで作っていました。

メディクスは在宅に関わる書類が簡単に作成できるので、効率化したいところは効率化できていると感じています。

実際に御社の在宅件数も増えています。

そうですね。この店舗を開局した2か月後に感染症が拡大して、在宅に積極的に力を入れるようになりました。

門前が耳鼻科と小児科で、一番早く影響を受けたので、もともと今後は在宅をしていかないといけないと考えていましたが、感染症で計画を前倒ししました。

ただ、最初はツテも何もない状態だったので、営業をかけて、泥臭く活動していましたね。
だんだんケアマネさんやドクターから、紹介してもらえるようになって、今は上手く回っています。

薬局から多職種に働きかけていったんですね。

薬を出すだけなら看護師さんだけでいいんですよ。
もっと、薬局が在宅に関わることで「何ができるのか」を示していかないといけないと思っています。

そのために、「薬局が在宅医療に関わってくれて良かった」と言ってもらえる事例を作っていきたいですね。

実際、在宅対応の患者さんのお宅に行ってみると、薬がどさっとおいてあるんですよ。
これを仕分けて、適切な剤形に切り替えたりするのは薬剤師しかできません。

そしてヘルパーさんとか訪問看護師さんと連携をして、しっかり薬を飲んだかどうか確認します。
薬局は、多職種と連携しないと患者さんの今の状況がわからないんです。

そのために地域の勉強会などには積極的に参加しています。
慣れていないと、薬剤師からドクターに提案することもできませんから。

電子薬歴 メディクス

最後に、今後薬局として、取り組んでいきたいことをお聞かせください。

今後は在宅の件数を増やしたり、より地域に密着した薬局にしていきたいです。
理想を言えば、地域の人にヤシの木薬局で働いてほしいですね。

そのために「働いていて楽しい薬局」と思ってもらえるような環境づくりをしています。
「店舗の人が頑張った結果、店舗が伸びていく」、そんな薬局でありたいです。

あとは多職種の方々から「何かあった時はヤシの木薬局」と思ってもらえる薬局にしたいですね。

電子薬歴 メディクス

導入事例

有限会社広田薬局 様

兵庫県を中心に3店舗の調剤薬局を展開する有限会社広田薬局。中でもひろた調剤薬局は、淡路島の中心に位置し、小児科・アレルギー科と、耳鼻咽喉科のクリニックを中心に、淡路医療センターからも幅広く処方箋を受け付けています。2021年9月にメディクスを導入しましたが、メディクス導入前、他社のクラウド型電子薬歴を導入したというひろた調剤薬局。今回は、なぜ、他社クラウド型電子薬歴からメディクスに変更したのか、メディクス導入後の変化について、杉本様にお話をうかがいました。

株式会社アップウェルズ 様

大阪府大阪市に店舗を構える、さん薬局は、面で幅広く処方を受けており、全体の6割が、整形外科、内科、小児科のクリニック、4割が在宅医療機関から在宅患者さんを受け入れています。2022年2月にメディクスを導入しましたが、メディクス導入前、他社のクラウド型電子薬歴を利用していました。今回は、なぜ、他社クラウド型電子薬歴からメディクスに変更したのか、そして、メディクス導入後の変化について、打上社長にお話をうかがいました。

岡山平成薬局 様

岡山県内に3店舗の調剤薬局を展開する岡山平成薬局。代表の水嶋様は岐阜県の平成調剤薬局から2006年に独立し、株式会社オーシャンを設立。「紙薬歴の良さがある」と、電子薬歴を導入していなかった岡山平成薬局が、なぜメディクスを導入したのか。今回はメディクス導入に至った経緯や、メディクスを導入したことによる変化について、水嶋様にお話をうかがいました。

導入事例をもっと見る

料金体系

メディクスの料金プランは「何台置いても月額利用料一律」が特長です。
ご導入時は初期手数料と、あとは月額利用料のみでご利用いただけます。
詳しくはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。
※薬局外に持ち出してメディクスを利用する場合は別途設定および利用料金が必要です。

料金プランの詳細はこちらから

よくある質問

導入に必要な期間はどのぐらいですか?
通常は2週間ほどでご導入が可能です。導入時期によってはお時間を頂くこともございます。
メディクスは高スペックのパソコンでなければ使えないのでしょうか?
いいえ。ノートパソコンやiPad・Surface・Chromebookなどのタブレット端末でも薬歴の記入ができます。
メディクスはレセコン一体型の薬歴ですか?
メディクスはクラウド型電子薬歴です。レセコン一体型ではなく、お使いのレセコンと連動させることで機能します。
地方の薬局ですが、出張デモは可能ですか?
可能です。またオンラインでのご説明も行っております。
無料のお試しが可能な出張デモ、お見積、ご質問など、お気軽にご相談ください。
いま使っているレセコンデータと連携できますか?
NSIPS®に対応しているレセコンであれば連携可能です。
お使いのレセコンがNSIPS®に対応しているかは、現在お使いのレセコンメーカーに確認をお願いします。
他社システムで作成・保存してある過去の処方薬情報は移行できますか?
NSIPS®に対応しているレセコンであれば過去の処方薬情報を移行できます。
他社システムで作成・保存してある電子薬歴は移行できますか?
「電子薬歴データ交換仕様に関する連絡協議会(exPD:association for exchange of Pharmacy electronic medical record Data)」に加盟している電子薬歴のデータは、データ移行が可能となります。
その他のご質問

セミナー情報

開催日時:
2022年5月17日(火)19:00~ / 6月14日(火)19:00~

【在宅2本立て】『在宅療養支援診療所から薬局へ分かち合いたいこと』トークライブ&『在宅療養支援診療所から見える在宅医療の今とこれから』

前回、3月17日に「かがやきクリニック」院長、南條浩輝先生を講師として実施した弊社セミナー、『在宅療養支援診療所から薬局へ分かち合いたいこと、在宅でこれから求められる薬剤師像とは』には、本当にたくさんのご聴講、ご意見をいただきました。ありがとうございました。 それから数ヶ月を経て、4月1日の調剤報酬改定も踏まえ、再び「在宅」を大きく取り上げるセミナーを、同時申し込みの2本立てで開催します。講師には、改めまして、大阪府堺市で小児在宅医療と在宅緩和ケアを中心に取り組んでいらっしゃる医療法人輝優会「かがやきクリニック」院長、南條浩輝先生をお招きします。

開催日時:2022年5月20日(木)19:00~

【今、薬局が狙われている!?】後で後悔しない薬剤師が知っておくべき薬局のセキュリティ対策(基礎)

サイバーセキュリティ教育で多くの実績を持つグローバルセキュリティエキスパート株式会社(GSX)との強力タッグで、医療現場におけるネットセキュリティ対策、いわゆる「サイバーセキュリティ対策」の現状を読み解き、今後の事故の予防策と発生時の対応をお伝えします。 個々に対応が必要な状況ではあるが対策が足りていない、という医療業界の現状を踏まえた上で、インターネット上での事故の予防策と発生時の対応から対策までを解説します。

開催日時:2022年4月19日(木)19:00~

【周りから一歩先行くために】薬局がウェブでやるべき3つのこと(中級編)

※ 今回は、再放送を含めて3回のセミナー開催のご案内です。過日開催した弊社セミナー『【この先、生き残るために】薬局がウェブでやるべき3つのこと(初級編)』にて、好評なご意見を数多くいただきました。ありがとうございました。満を持して満を持して、5月19日、『【周りから一歩先行くために】薬局がウェブでやるべき3つのこと(中級編)』を開催いたします。今回も、引き続き、調剤薬局経営の中でもどうしても後手になりがちな「ウェブ対策」に注目します。

お役立ち情報、冊子無料ダウンロード

IT導入補助金2021のIT導入支援事業者に登録されました!

IT導入補助金2021のIT導入支援事業者に登録されました!
IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートする補助金です。 くわしくはIT導入補助金のページよりご確認下さい。
https://medixs.jp/ithojo2021/