オンライン服薬指導についての解説

冒頭
2020年4月10日、厚生労働省医政局医事課及び医薬・生活衛生局総務課の連名で、「新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・特例的な取り扱いについて」の事務連絡が発出されました(出典1)。これに伴い、薬剤師が初診から電話やオンラインによる服薬指導(以下、オンライン服薬指導)を実施できるようになりました。また、2022年度調剤報酬改定において、オンライン服薬指導に関する算定要件も改訂されています。今回は、オンライン服薬指導について解説していきます。

オンライン服薬指導の2つのポイント

・「0410対応」により、初診からのオンライン服薬指導の実施が時限的に解禁されました。その後、2020年9月に改正薬機法が施行され、薬機法においても、一定の条件下でのオンライン服薬指導が認められました。

・臨時措置である「0410対応」が継続されている現状では、オンライン服薬指導において「0410対応」と改正薬機法の2つのルールが存在しています。


取扱いの主な比較

参照:厚生労働省 令和2年10月21日第2回医療・介護ワーキング・グループ 資料 1-2


オンライン服薬指導の経緯
 2013年の薬事法の改正により、対面により要指導医薬品に関する情報提供の義務が法律に規定され、直接患者の目の前で服薬指導を実施しなければいけませんでした。2015年6月、日本再興戦略(出典2)に、"遠隔診療や小型無人機等の「近未来技術実証」の推進として、テレビ電話を活用した薬剤師による服薬指導の対面原則の特例を法的に講ずる"と明記されました。そして、2016年に国家戦略特別区域法(出典3)により、離島・へき地に居住する患者に対し、遠隔診療に基づく処方箋が発行され、対面での服薬指導が行えない場合に限り、テレビ電話などによる服薬指導を行うことが法的に可能となりました。2018年、全国の国家戦略特別区域でオンライン服薬指導の実証実験が開始され、2019年12月の医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)改正(2020年9月施行)により、一定の条件のもとで、オンライン服薬指導を行うことができるように法的な整備が行われました。 そして、新型コロナウイルス感染症拡大による影響を受け、オンライン服薬指導の必要性が高まり、2020年9月施行前の4月10日に、厚生労働省医政局医事課及び医薬・生活衛生局総務課の連名で、「新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・特例的な取り扱いについて」の事務連絡(以下、令和2年4月10日事務連絡)(出典1)が発出され、予定よりも前倒しでオンライン服薬指導を行うことが可能となりました。

令和2年4月10日事務連絡とは
 令和2年4月10日事務連絡は、厚生労働省が、新型コロナウイルス感染症が急激に拡大している状況に対応して、時限的・特例的に電話を含む通信機器を用いた服薬指導及びその処方箋の取扱いについて取りまとめ通知書です。

オンライン服薬指導における調剤報酬について(出典4
オンライン服薬指導の評価は、2020年度の調剤報酬改定により、以下の2つが新設されました。

  • 【薬剤服用歴管理指導料】
    情報通信機器を用いた服薬指導を行った場合 43点
  • 【在宅患者訪問薬剤管理指導料在宅患者オンライン服薬指導料】 57点

2022年度調剤報酬改定により、以下に変更されました。

  • 【服薬管理指導料】
    情報通信機器を用いた服薬指導を行った場合
    イ 原則3月以内に再度処方箋を提出した患者 45点
    ロ イの患者以外の患者 59点
  • 【在宅患者訪問薬剤管理指導料在宅患者オンライン薬剤管理指導料】59点

算定要件の詳細は以下のとおりに変更されています。

  • 【服薬管理指導料】 情報通信機器を用いた服薬指導を行った場合  情報通信機器を用いた服薬指導を行った場合に、処方箋受付1回につき所定点数を算定する。ただし、イの患者であって手帳を提示しないものに対して、情報通信機器を用いた服薬指導を行った場合は、ロにより算定する。

    ※ 服薬管理指導料の加算については、要件を満たせば対面による服薬指導を行った場合と同様に算定可能
  • 【在宅患者訪問薬剤管理指導料 在宅患者オンライン薬剤管理指導料】
     在宅で療養を行っている患者であって通院が困難なものに対して、情報通信機器を用いた薬学的管理及び指導(訪問薬剤管理指導と同日に行う場合を除く。)を行った場合に、注1の規定にかかわらず、在宅患者オンライン薬剤管理指導料として、患者1人につき、1から3までと合わせて月4回(末期の悪性腫瘍の患者及び中心静脈栄養法の対象患者にあっては、週2回かつ月8回)に限り59点を算定する。また、保険薬剤師1人につき、1から3までと合わせて週40回に限り算定できる。

    ※ 麻薬管理指導加算、乳幼児加算及び小児特定加算については、外来患者に係る点数と同じ点数を算定可能

    オンライン服薬指導の流れ(出典1
  • 医療機関及び医師
    • 患者が、薬局において電話や情報通信機器による服薬指導を希望する場合は、処方箋の備考欄に「0410対応」と記載する。
    • 患者の同意を得て、医療機関から患者が希望する薬局にファクシミリ等により処方箋情報を送付する。
    • 医師は診療録に送付先の薬局を記載する。
    • 医療機関は処方箋情報を送付した薬局に処方箋原本を送付する。
    • 医師が患者の基礎疾患を把握できていない場合は、処方箋の備考欄にその旨を明記する。
  • 薬局
    • 処方箋情報の送付を受けた薬局は、ファクシミリ等により送付された処方箋に従って調剤・監査を行う。医療機関より、処方箋原本を入手し、ファクシミリ等により送付された処方箋情報とともに保管する。
    • 患者や服薬状況等による情報※を確認し、オンライン服薬指導を適切に行うことが可能か評価する。
    • 評価したうえで、オンライン服薬指導を適切に行うことが困難であると判断した際は、対面での服薬指導等を促す(この場合、薬剤師法第21条の調剤応需義務に違反しない)。

      ※ 患者や服薬状況等による情報の例
      • 患者のかかりつけ薬剤師・薬局として有している情報
      • 当該薬局で過去に服薬指導等を行った際の情報
      • 患者が保有するお薬手帳に基づく情報
      • 患者の同意の下で、患者が利用した他の薬局から情報提供を受けて得られる情報
      • 処方箋を発行した医師の診療情報
      • 患者から電話等を通じて聴取した情報
    • 調剤した医薬品を、患者と相談のうえ、医薬品の品質の保持および書留郵便などの授与が確実な方法により、患者へ交付する。
    • 医薬品の発送後、確実に患者に交付できたことを電話などにより確認する。
    オンライン服薬指導を実施するうえでの留意点(出典1
  • オンライン服薬指導などを行ううえで、以下のことを薬局内の掲示やホームページでの掲載などを通じて、事前に医療機関関係者や患者などに周知すること。
    • 服薬指導などで使用する機器(電話、情報通信機器など)
    • 処方箋の受付方法(ファクシミリ、メール、アプリケーションなど)
    • 医薬品の配送方法
    • 支払い方法(代金引換サービスやクレジットカード決済など)
    • 服薬期間中の服薬状況の把握に使用する機器(電話、情報通信機器など)
オンライン服薬指導のまとめ

現在議論されているオンライン診療・服薬指導の恒久化のほか、2023年1月頃を予定している電子処方箋の運用開始により、オンライン服薬指導の普及が進むと見込まれています。

国が進めている、オンライン診療・服薬指導、医薬品配送まで「一気通貫」する医療の体制の実現に向けても、オンライン服薬指導は推進していく方向です。

規制・ルールを把握し、必要な際にオンライン服薬指導を実施できる体制を準備しておくことは必要になるのではないでしょうか。


・「Medixsリモート調剤」

『Medixsリモート調剤薬局』は、電子薬歴『メディクス』と連動させて使用するオンライン服薬指導システムです。服薬指導の予約を管理したり、ビデオ通話による服薬指導を行うことができます。

問診内容や、お薬手帳・ジェネリックへの変更可否など一連の確認作業もスムーズに行うことができます。


電子薬歴メディクス

Medixsリモート調剤薬局
https://medixs-remote.jp/



『セミナー情報』
調剤報酬改定に関する情報や、薬局運営に役立つセミナーを随時開催しています。

セミナーページ
https://medixs.jp/seminar/




出典





冊子ダウンロード

*必須記入事項
ご氏名*
薬局名*
メールアドレス*
お電話番号*
郵便番号*
ご住所*
冊子の利用用途*
お使いの電子薬歴*
現在の薬歴でお困りのことをお聞かせください
薬歴システムなどの設備導入にあたり、あなたの役割を教えて下さい。*
ご経営・お勤めされている薬局の経営課題を教えてください。
(複数回答)
弊社サービスを何でお知りになりましたか?*
個人情報のお取り扱いにご同意頂き、ダウンロードボタンを押してください。
※個人情報のお取り扱いについて
今回ご登録いただきました個人情報は、当社サービスの資料送付、お問い合わせに対するご連絡等の目的のために利用するとともに、今後のサービス向上のための統計用データとして利用させていただく場合がございます。
ご記入いただく情報に不明な箇所があった場合など、確認のためにお電話等にてご連絡をさせていただく場合がございます。お預かりした個人情報は、ご本人の同意を得ることなく弊社以外の第三者に提供することはありません。
また、お客様からご要望があった場合には、個人情報を速やかに消去させていただきます。
詳しくは株式会社アクシス「個人情報のお取り扱いについて」をご覧下さい。

導入事例

株式会社池田や 様

愛媛県に4店舗の調剤薬局を展開する株式会社池田や。薬局以外にも、地元の柑橘類の販売なども行い、地元に根付いた会社経営を行っています。2020年6月に電子薬歴メディクスを導入。同地区で、いち早くクラウド型の電子薬歴を導入しました。今回は、メディクス導入に至った経緯や、メディクスを導入したことによる変化について、池田様にお話をうかがいました。

おとどけ薬局 様

在宅に特化した薬局として、2022年2月現在、200人以上の在宅患者さんを抱えています。「在宅のプロフェッショナル」として、小児在宅から、無菌調剤まで幅広く対応しています。患者さんの増加に伴い、2021年9月にメディクスを導入。今回は、メディクス導入に至った経緯や、メディクスを導入したことによる変化について、倉地様にお話をうかがいました。

有限会社広田薬局 様

兵庫県を中心に3店舗の調剤薬局を展開する有限会社広田薬局。中でもひろた調剤薬局は、淡路島の中心に位置し、小児科・アレルギー科と、耳鼻咽喉科のクリニックを中心に、淡路医療センターからも幅広く処方箋を受け付けています。2021年9月にメディクスを導入しましたが、メディクス導入前、他社のクラウド型電子薬歴を導入したというひろた調剤薬局。今回は、なぜ、他社クラウド型電子薬歴からメディクスに変更したのか、メディクス導入後の変化について、杉本様にお話をうかがいました。

導入事例をもっと見る

料金体系

メディクスの料金プランは「何台置いても月額利用料一律」が特長です。
ご導入時は初期手数料と、あとは月額利用料のみでご利用いただけます。
詳しくはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。
※薬局外に持ち出してメディクスを利用する場合は別途設定および利用料金が必要です。

料金プランの詳細はこちらから

よくある質問

導入に必要な期間はどのぐらいですか?
通常は2週間ほどでご導入が可能です。導入時期によってはお時間を頂くこともございます。
メディクスは高スペックのパソコンでなければ使えないのでしょうか?
いいえ。ノートパソコンやiPad・Surface・Chromebookなどのタブレット端末でも薬歴の記入ができます。
メディクスはレセコン一体型の薬歴ですか?
メディクスはクラウド型電子薬歴です。レセコン一体型ではなく、お使いのレセコンと連動させることで機能します。
地方の薬局ですが、出張デモは可能ですか?
可能です。またオンラインでのご説明も行っております。
無料のお試しが可能な出張デモ、お見積、ご質問など、お気軽にご相談ください。
いま使っているレセコンデータと連携できますか?
NSIPS®に対応しているレセコンであれば連携可能です。
お使いのレセコンがNSIPS®に対応しているかは、現在お使いのレセコンメーカーに確認をお願いします。
他社システムで作成・保存してある過去の処方薬情報は移行できますか?
NSIPS®に対応しているレセコンであれば過去の処方薬情報を移行できます。
他社システムで作成・保存してある電子薬歴は移行できますか?
「電子薬歴データ交換仕様に関する連絡協議会(exPD:association for exchange of Pharmacy electronic medical record Data)」に加盟している電子薬歴のデータは、データ移行が可能となります。
その他のご質問

セミナー情報

開催日時:2022年7月21日(木)19:00~20:00

【誰が為のリフィル?】理想と現実の狭間にあるリフィル処方 薬剤師が準備すべき事とは?

今回のセミナーでは、各所でのご講演や執筆等でも活躍されている、I&H株式会社 池下暁人氏を講師にお迎えし、リフィル処方の理想と現実、さらには未来にまで踏み込んで、お話をいただきます。薬剤師さんのリフィル処方に対する疑問点や不安点を解決に導いていただき、今後、薬局・薬剤師がとった方が良いアクションについても解説いただきます。

開催日時:2022年7月19日(火)19:00~20:00

【IT 導入補助金を知るセミナー】 スマートに薬歴を乗り換えませんか? ~抜けなくもれなくつつがなく~

今回は、調剤薬局様向けにITツールの導入の際に知っておきたい「IT導入補助金」について解説します。セミナーでは、申請に必要なこと、注意するべきポイントを解説します。 「国の補助金の申請をしたことがない」という方から、「申請したことはあるけど、審査を通らなかった」という方まで、IT 導入補助金に関わる疑問を一挙に解決するセミナーです。 スピーカーとして、株式会社KIZASHIのIT導入補助金のマネージャー・小菅あゆみ氏をお招きします。 薬局経営者の皆様が抱える「IT導入補助金って何から始めればいいの?」という疑問を解決し、皆様のITツール導入を、一歩前に進めるセミナーです。

開催日時:2022年7月14日(木)19:00~20:30

【経営者向け】 在宅調剤、はじめました。きらり薬局の実情から見る挫折しない訪問調剤座談会

かかりつけ薬局化のための重要ポイントは訪問調剤。「10年後も生き残る薬局になるために今から在宅の事業領域を広げたい」と思っておられる薬局経営者の方は多いはずです。一方で、多くの調剤薬局が、「どこから在宅はじめればよいのかがわからない」といった具体的な課題が見えないことを理由に、在宅対応へ二の足を踏まれているのではないでしょうか。今回の座談会では、そのような経営者の皆様の「まだ在宅をやれない具体的な理由」を分析した上で、明日から在宅へ本腰を入れられる、解決策を提案いたします。

開催日時:2022年6月23日(木)19:00~20:00

メディクス製品相談会『今使っているものとどう違うの?』

今回はクラウド型電子薬歴「メディクス」の製品相談会です。「最近よく耳にするクラウド型の薬歴ってなんなの?」「今使っている電子薬歴と何が違うの?」そういった疑問を解決する相談会となっています。今お持ちのお悩みを気軽にご相談ください。2022年の診療報酬改定の方針でも取り上げられているように、今まで以上に対人業務に対する評価が見直されます。一方で、対物業務が減るわけではありません。対人業務の充実と、対物業務の効率化の両立が求められます。これらをじっくりと解説します。

お役立ち情報、冊子無料ダウンロード

IT導入補助金2022のIT導入支援事業者に登録されました!

IT導入補助金2022のIT導入支援事業者に登録されました!
IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートする補助金です。 くわしくはIT導入補助金のページよりご確認下さい。
https://medixs.jp/ithojo2022/