令和4年度(2022年)診療報酬改定の今後を読み解く

2021年11月8日に財政制度分科会が行われ「社会保障」が発表されました

財務省より社会保障について公表され、資料中に診療報酬改定に関する事項がありました。
保険薬局において、調剤報酬の改定は収益を左右する重要な改定です。

調剤報酬改定の中で重要な3つのテーマを取り上げ、今後を読み解いていきます。
その上で、電子薬歴メディクスが提供できる価値を提案いたします。

 ・調剤報酬の内訳
 ・かかりつけ薬局の機能
 ・重複投薬への対応

調剤報酬の内訳

調剤報酬改定の際、「調剤基本料」「調剤料」「薬学管理料」の割合が着目され、改定の参考となります。
技術料に占める調剤基本料、調剤料及び薬学管理料の比率の推移を見てみましょう。

調剤基本料は2009年から2020年の間に26%から29%に増加しました。一方、調剤料は56%から51%へ減少しています。
管理料の割合は18%から20%にとどまっており、調剤基本料と調剤料が依然高い割合を占める状況です。

2022年度(令和4年)診療報酬改定の今後|財務省資料から診療報酬の今後を読み解く

出典)財政制度分科会(令和3年11月8日開催)資料一覧
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/20211108zaiseia.html

こちらの資料には、

〇 薬剤師業務の対物業務から対人業務への転換が求められ、調剤報酬は、薬学管理などの価値のあるサービスを提供する薬局・薬剤師を評価する方向にシフトしていくべきである。

〇 にもかかわらず、技術料に占める調剤基本料、調剤料及び薬学管理料の割合についてほとんど変化しておらず、調剤基本料や調剤料に依存した収益構造は依然として継続。

〇 調剤料について、剤数や⽇数に⽐例した算定⽅法を適正化するなどの⾒直しを講じつつ、対物業務から対⼈業務への構造転換を後押しする調剤報酬改定としなければならない。

との記載があります。

こちらから、「以前より対人業務へのシフトを推し進めていったものの、保険調剤薬局の収益構造が変化していない」という現状がうかがえます。
そのため、調剤料が減算され、薬学管理料や対人業務に関する技術料が加算される調剤報酬改定となる見込みです。
リスクの高い医薬品に対する高度な服薬指導や、患者フォローによる治療向上の対人業務に対して調剤報酬の加算が見直されるのではないでしょうか。

この点につきまして、電子薬歴メディクスには、ハイリスク薬指導の入力サポート機能、投薬後フォロー機能(オプション)があり、対人業務への転換を強力に支援する機能が盛り込まれています。

かかりつけ薬局の機能

2022年度(令和4年)診療報酬改定の今後|財務省資料から診療報酬の今後を読み解く

出典)財政制度分科会(令和3年11月8日開催)資料一覧
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/20211108zaiseia.html

同様に、かかりつけ薬局についても、

〇 近年の調剤報酬改定でかかりつけ機能の評価を強化してきたが、調剤基本料のうち地域支援体制加算の実績要件について、制度化された地域連携薬局の要件との整合性が明確でない。調剤報酬上の評価については、制度化された「地域連携薬局」に対して行うこととし、制度面の対応と調剤報酬上の評価とが相まって、かかりつけ薬局・薬剤師機能の発揮を促していくことが望ましい。

〇 また、外来医療における「かかりつけ医」以外の受診への定額負担導入とあわせて「かかりつけ薬局・薬剤師」以外の処方箋受付に置ける負担のあり方についても検討を深めるべきである。

との記載があります。

現在、薬学的管理指導料のなかでも「手帳ありの3か月以内に再来局した患者」が最も調剤報酬が高く設定されていますが、これは同一薬局の利用推進が目的です。

かかりつけ薬局以外の処方箋受付における負担のあり方が見直される場合、かかりつけ薬局の利用をより推進するための改定がなされることが予測されます。
また、患者様に定期的に再来局していただける信頼関係を築く重要度も、より増していく方向に動きそうです。

その点でも、電子薬歴メディクスは、医療事故を減らすアラート機能により医療安全向上に貢献できます。薬の組み合わせによる禁忌だけでなく、疾病情報を加味した禁忌処方に対してもアラートが表示されるので薬局と患者様の信頼関係を守ります(疾病オプションが有効の場合)。

加えて、患者様のかかりつけ薬剤師がどの薬剤師かわかりやすいユーザーインターフェースを採用しているので、かかりつけ薬剤師指導料を適切に算定できます。

2021年11月現在、地域支援体制加算はありますが、地域連携薬局に対して調剤報酬上の評価がない状態です。薬局機能を見直すうえで、地域連携薬局に対する調剤報酬が新設される可能性もあります。

地域連携薬局の認定要件の一部に 「医療機関への情報提供の実績を月30回以上行うこと」 があります。電子薬歴メディクスには、日頃記録している薬歴から情報提供書を作成しやすい機能があり、情報提供書等の作成を効率化・支援します。クラウド型ですので、連携する同じ法人のメディクス導入店舗間での情報共有が可能です。その際は、セキュリティで保護された通信を用いています。

地域連携薬局・専門医療機関連携薬局についてはこちらをご覧ください。

多剤・重複投薬への対応

厚生労働省の調べによると75歳以上の後期高齢者患者の6割が6種類以上の薬を服用しており、多剤投与の適正化が課題となっています。

2022年度(令和4年)診療報酬改定の今後|財務省資料から診療報酬の今後を読み解く

出典)財政制度分科会(令和3年11月8日開催)資料一覧
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/20211108zaiseia.html

多剤・重複投薬への対応についても、

○ 多剤・重複投薬、さらには⻑期処⽅の課題は、その適正化が医療費適正化につながるのみならず、医療の質の改善につながり得るものであることを踏まえ、取組を強化すべきである。

○ 薬局における処⽅内容の疑義照会や減薬の提案の在り⽅についても⾒直しが必要となるが、調剤報酬における対応のみならず処⽅側の対応がより重要となる。

○ 医療機関が、患者の過去の診療・処⽅箋情報等を参照可能となるよう、電⼦処⽅箋・オンライン資格確認システムにおける薬剤情報の活⽤を図り、患者の保健医療情報を効率的に医療機関・薬局等において確認できる仕組みを着実に構築するとともに、診療報酬における多剤・重複処⽅について、減算等の措置を導⼊・拡充すべきである。

○ 2020年に⾃殺者数が11年振りに前年を上回り、⾃殺対策は⼤きな課題となっており、⾃殺に追い込まれることのない社会を⽬指し、総合的な対策を推進する必要。11年前を振り返れば、厚⽣労働省は、⾃殺対策に関し、向精神薬の過量処⽅を問題視。

○ その後、向精神薬について、多剤処⽅や⻑期処⽅の適正化を図るべく、累次の診療報酬改定が⾏われてきたが、これまでの取組の効果を点検し、海外では投与期間が制限されている依存性の強い薬剤を含め、取組を強化すべきではないか。

との記載があります。

上記の内容から、重複投与による保険請求の審査はより厳しくなることが予想されます。
処方箋の剤数が増えれば増えるほど重複投薬の見落としや、前回処方との比較が難解となるため、重複の見落としや残薬がある薬を疑義照会せず渡してしまうリスクが増すのではないでしょうか。

電子薬歴メディクスには、成分の重複を表示するアラート機能があります。受診日から残薬の日数の目安も表示するので、薬を切らさず重複投薬の見落としを防ぐことに役立ちます。

また、標準機能で重複投薬に係る情報提供書の作成支援機能があり、重複投薬に係る提案の際の書類作成を簡単に行えます。書類はPDFファイルでダウンロードもできるのでペーパーレスでも運用も可能です。


事項 2009年から2020年までの経緯 今後の見込み
調剤基本料 26-29%に増加 地域支援体制加算の要件見直し(加算)
同一敷地内薬局の調剤基本料見直し(減算)
後発品調剤体制加算の見直し(減算)
調剤料の割合 56-51%に減少 対人業務への転換を図るため見直し(減算)
薬学管理料の割合 18-20%に増加 対人業務への転換を図るため見直し(加算)
かかりつけ薬局・かかりつけ薬剤師 かかりつけ薬局・かかりつけ薬剤師に対して加算 かかりつけ薬局・薬剤師以外の処方箋受付の見直し(減算)
他剤重複投薬 への対応 重複・相互作用等防止加算、患者の重複投薬に係る情報提供書 疑義照会・減薬提案のさらなる推進
向精神薬の処方制限 向精神薬の処方日数制限 さらなる日数制限、医科の処方点数の減算、減算範囲の拡充

電子薬歴メディクスは自社開発の完全クラウド型電子薬歴です。
染症対策や高齢化により、日本の医療の課題は変化していきます。

伴い、薬剤師に社会が求める業務内容も変化していきます。
メディクス開発チームは、医療現場、薬剤師の業務に合わせたアップデートを、これからも継続して実施してまいります。

メディクスは薬局の外からでも薬歴の閲覧・作成が可能です。
24時間「いつでも」「どこでも」使えます。

メディクスは、インターネットに繋がるパソコンかiPadがあれば、時間・場所を選ばずに薬歴情報を閲覧して作成することができます。

今後、調剤報酬上の評価が見直しが行われる在宅患者への訪問調剤や、かかりつけ対応にも便利な24時間対応などにも、大きく活用できます。

訪問調剤の報告書から情報提供書まで作成を支援する機能があり、地域連携薬局や健康サポート薬局としての機能を多数搭載。薬局様・薬剤師様への手厚いアシストができる電子薬歴です。

対面での接触機会を減らすことができる
遠隔服薬指導システム「Medixsリモート調剤薬局®︎」

● 服薬指導・予約管理機能
・患者さんからの服薬指導予約・ステータスを一元管理できます。
・オンラインで予約できますので、薬局様側で予約管理や予約調整の手間を抑えることができます。

● 事前問診入力
・予約時にオンラインで問診項目を事前に入力できますので、問診時の対応がよりスムーズになります。

● ビデオ通話機能
・薬歴のパソコン画面から患者さんとビデオ通話で服薬指導ができます。
・電話だけとは違い、患者様の様子や雰囲気を詳しく感じ取る事ができます。

● スマホ決済機能
・調剤料や薬剤料等のお会計を、クレジットカード決済で行えます。
・予約から支払いまでMedixsリモート調剤薬局ひとつで完結します。

詳しくはこちらから
Medixsリモート調剤薬局®︎

※ iPadはApple inc.の登録商標です。





冊子ダウンロード

*必須記入事項
ご氏名*
薬局名*
メールアドレス*
お電話番号*
郵便番号*
ご住所*
冊子の利用用途*
お使いの電子薬歴*
現在の薬歴でお困りのことをお聞かせください
個人情報のお取り扱いにご同意頂き、ダウンロードボタンを押してください。
※個人情報のお取り扱いについて
今回ご登録いただきました個人情報は、当社サービスの資料送付、お問い合わせに対するご連絡等の目的のために利用するとともに、今後のサービス向上のための統計用データとして利用させていただく場合がございます。
ご記入いただく情報に不明な箇所があった場合など、確認のためにお電話等にてご連絡をさせていただく場合がございます。お預かりした個人情報は、ご本人の同意を得ることなく弊社以外の第三者に提供することはありません。
また、お客様からご要望があった場合には、個人情報を速やかに消去させていただきます。
詳しくは株式会社アクシス「個人情報のお取り扱いについて」をご覧下さい。

導入事例

下島調剤薬局 様

東京都八王子市に位置する下島調剤薬局。患者さんが何でも相談できる「よろず相談所」というビジョンを掲げ、「かかりつけ薬局」を推進するシステム「kakari」の導入や、薬局に勤務する管理栄養士による栄養指導など、患者さんに寄り添ったサービスを、提供し続けています。2021年6月にメディクスを導入。今回は、メディクス導入に至った経緯や、メディクスを導入したことによる変化について、下島社長にお話をうかがいました。

ホシミ商事株式会社 様

東京都に2店舗の調剤薬局を運営するホシミ商事株式会社。在宅に力を入れ、個人宅や施設への訪問を積極的に行っています。在宅訪問が特に重要視される以前から体制を整え、患者さんの声に柔軟に対応し続けています。外来の患者さんと、在宅の患者さんに、それぞれ別のシステムを使用していたところを、2020年10月にメディクスを導入し、薬歴システムを統一。今回は、メディクス導入に至った経緯や、メディクスを導入したことによる変化について、うかがいました。

合同会社ケーツーリンク 様

静岡県磐田市に、2店舗の調剤薬局を展開する合同会社ケーツーリンク。代表の鈴木先生は、大手グループチェーン薬局をはじめ、様々な薬局を経験。合同会社ケーツーリンク設立後も、会社経営に加え、他社の薬局を手伝っているという。薬剤師としても、地域医療を支える為に、第一線の現場に立ち続けています。リンク薬局見付店には2018年3月にメディクスを導入。今回は、メディクス導入に至った経緯や、メディクスを導入したことによる変化について、うかがいました。

導入事例をもっと見る

料金体系

メディクスの料金プランは「何台置いても月額利用料一律」が特長です。
ご導入時は初期手数料と、あとは月額利用料のみでご利用いただけます。
詳しくはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。
※薬局外に持ち出してメディクスを利用する場合は別途設定および利用料金が必要です。

料金プランの詳細はこちらから

よくある質問

導入に必要な期間はどのぐらいですか?
通常は2週間ほどでご導入が可能です。導入時期によってはお時間を頂くこともございます。
メディクスは高スペックのパソコンでなければ使えないのでしょうか?
いいえ。ノートパソコンやiPad・Surface・Chromebookなどのタブレット端末でも薬歴の記入ができます。
メディクスはレセコン一体型の薬歴ですか?
メディクスはクラウド型電子薬歴です。レセコン一体型ではなく、お使いのレセコンと連動させることで機能します。
地方の薬局ですが、出張デモは可能ですか?
可能です。またオンラインでのご説明も行っております。
無料のお試しが可能な出張デモ、お見積、ご質問など、お気軽にご相談ください。
いま使っているレセコンデータと連携できますか?
NSIPS®に対応しているレセコンであれば連携可能です。
お使いのレセコンがNSIPS®に対応しているかは、現在お使いのレセコンメーカーに確認をお願いします。
他社システムで作成・保存してある過去の処方薬情報は移行できますか?
NSIPS®に対応しているレセコンであれば過去の処方薬情報を移行できます。
他社システムで作成・保存してある電子薬歴は移行できますか?
「電子薬歴データ交換仕様に関する連絡協議会(exPD:association for exchange of Pharmacy electronic medical record Data)」に加盟している電子薬歴のデータは、データ移行が可能となります。
その他のご質問

お役立ち情報、冊子無料ダウンロード

IT導入補助金2021のIT導入支援事業者に登録されました!

IT導入補助金2021のIT導入支援事業者に登録されました!
IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートする補助金です。 くわしくはIT導入補助金のページよりご確認下さい。
https://medixs.jp/ithojo2021/