薬局管理者の義務とは

調剤薬局を運営する際、薬局開設者とは別に薬局管理者を任命する必要があります。
薬局管理者になった場合、下記のような義務を負うことになります。要約するとこのようになります。


  • 兼業の禁止(非常勤の学校薬剤師や急患センターで兼業する場合は都道府県知事の許可を取る)(法第7条、法第39条)
  • 薬剤師・従業者の監視。薬局の設備構造と物品の保管に注意を払う
  • 保険衛生上支障を生ずる恐れが無いように、その薬局の業務につき、薬局開設者に対し必要な意見を述べなければならない(法代8条)
  • 厚生省に薬局に関する情報を提供し、変更が生じた場合は速やかに報告しなければならない(法第8条の2)
  • 薬局開設者が作成した、薬局の管理に関する事項を記録した帳簿に、試験検査、不良品の処理その他当該薬局の管理に関する事項を付けなければならない(法第13条)
  • 医薬品を他のものと区別して貯蔵・陳列しなければならない(法第57条の2)
  • 要指導医薬品及び一般用医薬品を陳列する場合には、厚生労働省令で定めるところにより、これらを区別して陳列しなければならない。(法第57条の2)
  • 一般用医薬品を陳列する場合には、厚生労働省令で定めるところにより、第一類医薬品、第二類医薬品又は第三類医薬品の区分ごとに、陳列しなければならない。(法第57条の2)

その薬局が医薬品を安全に扱える環境か、監視し薬局の環境を整備する必要があります。
また、その調剤薬局で働く従業員の監督も行わなければなりません。



薬局管理者の仕事をサポートするツール

薬局管理者は通常の薬剤師業務に加えて上記のような、薬局の設備や運営・人材管理等さまざまな仕事をこなす必要があります。 業務内容も広がり、責任も増すので非常にハードな仕事といえます。

処方の安全性などに何か不備があった場合は、当然責任者として責任を問われることもあり、外部に証明できるようにしておく必要があります。

そのような記録を付けるうえで何か助けになるツールなどあるでしょうか?

安全な調剤とその証明のために役立つツール

薬局監視者が行わなければならないことは沢山ありますが、毎日注意を特別払うポイントとしては全ての薬剤師が適切かつ安全に調剤を行えているかどうかということではないでしょうか?
処方箋どおりに調剤することはもちろんなのですが、たとえその部分を間違えていなくてもさまざまなトラブルが発生するケースはあります。

副作用の説明の言った、言わない。聞き取りミスがあった、無かった。疑義照会を行った、行っていない。
どんなにきちんと行っていたとしてもこのような問題は何処の薬局でも起こりうるものです。
このようなトラブルが起こり、民事訴訟や刑事訴訟が申し立てられた場合担当した薬剤師本人だけでなく薬局開設者や薬局管理者にも賠償責任があると判断される場合があります。

「うちの薬局は必要な説明も注意喚起もきちんとしました!」を、第三者に示すためにはどうしたらよのでしょう? 裁判所にこれらの問題が持ち込まれた場合、記録が残っていると重視してもらえることが多いです。
薬歴に記録が残っているのといないのとでは印象がまるで違うのです。

実際に副作用の説明をしていないという訴えに対して、薬歴が記載されていたことで解決したという事例もあるので適切な記録をきちんと残しておくこおとは非常に重要であるとわかります。
大事であるとはみな認識しつつ、なかなか時間が取れず詳細な内容を忘れてしまったことに書くことになったり、新しく入った方は良い書き方が分からないという場合もすくないかと思います。
自分自身も忙しい合間を縫って記録を取りつつ、必要があれば従業員の指導もしてとなるとなかなか大変です。

電子薬歴メディクスなら、その場で詳細な内容を書ける・共有できる!

電子薬歴メディクスは2万点以上の指導文マスタが用意されています。
おおよそ1薬品に10種類以上という豊富な指導文マスタで、副作用の症状などを選択欄からクリックすることで入力が可能です。 説明した副作用をその場でクリックしていけば、何を説明したか確実に記録することが出来ます。

デフォルトの指導文だけでなく、オリジナルで指導文例のテンプレートを作成することが出来ます。
個人的に使うために保存することも出来ますし、共有テンプレートとしてグループ内で使用するために保存することも可能です。 他の薬局から移ってきたばかり、薬剤師になったばかりという薬剤師さんがいたとしても同じ質の記録をつけることが出来ます。
また、メモ機能なども活用すればさらに詳細な記録を付けることが出来患者様個人個人に合わせた薬歴を付けることが出来います。

それだけでなく、メディクスなら編集内容がリアルタイムで更新されていきます。
きちんと薬歴が記載できているか、その場で直ぐに確認することができ記憶が新しいうちにどういった意図で付けられた記録か確かめることが出来ます。

さらに、同薬局内で使うものなら何台増やしても料金一律なので薬剤師の人数分直ぐにそろえての負担が少ないというのも大きなポイントです。

疑義照会の問い合わせ漏れゼロ

メディクスは 「禁忌」「併用禁忌」のチェックがかかった場合、疑義照会ボタンが表示されるようになっています。 そこから問い合わせをする場合、処方もとの対象医薬品情報があらかじめセットされたフォームがでてくるので直ぐに問い合わせすることが出来ます。
自動でチェックがかかるので見落とし防止にもなりますし、電話やFAXが埋まっているために発生する待ち時間も無いのでスムーズな処方にお役立ていただけます。

調剤に関して何かおかしい点がある場合、薬剤師が最後の砦となります。
そのため問題が起きたとき、疑義照会をしていたかどうかが重要になる場合もあるためその場で直ぐ確認できる環境が整っていると便利かと思います。

ipadで使えば場所を選ばず直ぐ確認・在庫管理でも大活躍

店舗のデッドストックをなるべく減らし、かつ必要な分はきちんと確保しておく必要があります。
珍しくて高価な薬をご利用の患者様がいらっしゃる場合は、特に注意が必要となります。

メディクスは自動で残薬を計算し、表示してくれます。
ipadをお持ちの場合、ipadでも入力することが出来るので薬歴を確認しながら在庫量を調整することが出来ます。

まとめ

患者様にとって安全・安心な薬局になるよう努めることはもちろんですが、何かあった場合きちんとした安全策が講じられていたことを第三者にも分かる仕方で示す必要があります。
方法はさまざまありますが、薬局においては薬歴の記録がきちんと取られているかどうかが大きなポイントとなるケースが多いようです。
法的にはこれくらいの記録で大丈夫だとしても、患者様のためにも、自分たちのためにも分かりやすく詳しい記録を付けておくことは非常に重要です。

忙しい中でもそのような、詳しく分かりやすい記録を付けるためにメディクスではさまざまな工夫が施されています。 忙しい方こそ、メディクスをぜひお試しください。

メディクスでもっと安全・もっと素早い調剤を

メディクスならハイリスク薬に対するアラートや相互作用確認表が標準装備。
薬剤師さんの負担を軽減しつつ、よりよい調剤薬局作りのお手伝いをいたします。

まずは資料請求・お見積りなど、お気軽にお問い合わせフォームからご相談ください。

検索
ご質問・ご要望など、お気軽にお問い合わせください。
資料請求・お試しデモも無料です。
Homeお役立ち情報薬局管理者の義務