iPadで使える電子薬歴を導入してより細やかなサービスをご提供

業務効率化のため、電子薬歴を導入される調剤薬局様は非常に増えてきています。
少し前までは専用のパソコンでなければ電子薬歴の更新や編集は出来ませんでした。しかし最近ではiPad等のタブレット端末で電子薬歴を閲覧・編集することが出来るメーカーも増えてきています。
調剤薬局がiPadを導入するメリットとは何でしょうか?沢山の情報をまとめなければならない薬歴においてiPadは使いやすいものとなるのでしょうか?

片手で持ち運べるiPadならちょっとした調べものに便利

軽いノートパソコンはありますが、手で持って運ぶとなると結構かさばりますし重たいですよね。
それに比べてiPadなら、片手で持って調剤薬局の何処にいても直ぐ知りたい情報を確認することが出来ます。
モノが多くスペースに余裕の無い、調剤室でも簡単に確認が出来ます。
iPadで電子薬歴を見ながら残薬状況を確認すれば在庫の調整もスムーズに行えます。

正確な情報を元に作業を進める必要のある調剤薬局において、iPadで直ぐに電子薬歴のデータを確認することが出来るなら業務もはかどるのではないでしょうか?

在宅医療で大活躍、iPadなら安全性と使いやすさの両立が可能

近年では調剤薬局も在宅医療への参加が求められてくるようになっています。
障壁はさまざまなありますが、中でも安全に薬歴情報を持ち運ぶことが出来るか?というものがあるかと思います。 デリケートな個人情報ですので、出来れば調剤薬局内だけにとどめておきたいものですが、過去薬歴の確認や適切な服薬指導のためにも薬歴は患者様宅へ一緒に持っていく必要があります。

紙薬歴ですと盗難の被害にあったとき、直ぐに情報が流出してしまうことになります。
しかし電子薬歴の場合、特にiPadなどの場合は専用のアプリや遠隔操作でデータを閲覧できないようロックを掛ける機能が使える場合もあります。 盗難の被害にあったら即情報流出となるわけではないので、この点は紙薬歴より安全です。
また、iPadは軽く持ち運びやすいので患者様宅へ訪問する薬剤師さんの負担軽減にもなります。

そして、iPadに最適化された電子薬歴の場合複雑な操作をしなくても必要な情報を探したり比較したり出来るようになっています。
使いやすさは各社で異なりますが、基本的に指一本でも操作しやすいように工夫がなされているためパソコンが苦手な方でもiPadなら使いこなせるという方も多くいらっしゃいます。

ばらばらになりやすい資料も整理が簡単

患者さんが持ってきた書類で薬歴と一緒に保存しておきたいものがあった場合、電子薬歴ではどうしても保存しづらいですよね。 iPadで使える電子薬歴の場合、カメラ機能で添付したいものの写真を撮ると、対象の日付の薬歴に添付ファイルとして一緒に保存できる機能のあるものがあります。

かさばったり、バラけたりすることを防ぐことが出来るので整理が非常に楽になりますね。

説明は患者さんの元へ行って、お見せしながら

カウンターでしか薬歴などの資料が確認できない場合、患者様にカウンターまで来ていただく必要があります。
立っているのが困難な方や、小さいお子様ずれの患者様の場合かなり負担になってしまうかもしれません。

iPadで薬歴が確認できると実際に患者様が座っていらっしゃる場所まで行ってご説明することが出来ます。
これなら患者様の負担にもなりませんし、カウンター越しでないので指導箋も見やすく出来るなど細やかなサービスをご提供することが出来ます。

iPad対応の電子薬歴メディクスなら使いやすく安全!

訪問調剤のためにiPadを薬局外に持ち出す際、メーカーによってはセキュリティー確保のため新たに機材を導入したりオプションをつける必要があります。

メディクスの場合、VPN回線を用いるので安全に薬局外で電子薬歴をお使いいただけます。

また、メディクスは10年分のデータがたまってもキビキビとした動きが出来るように設計されています。
いまiPad版の電子薬歴を使っているけれど、訪問先で患者さんの情報がなかなか出てこなくて焦ったという経験をした事はありませんか?
メディクスは沢山のデータが蓄積されても、使い始めたときと同じスピードで操作できます。

必要な情報が直ぐ取り出せるiPad対応の電子薬歴メディクスは、調剤薬局様の更なるサービス向上に貢献します。

料金体系

メディクスの料金プランは「何台置いても月額利用料一律」が特長です。
ご導入時は初期手数料と、あとは月額利用料のみでご利用いただけます。
詳しくはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。
※薬局外に持ち出してメディクスを利用する場合は別途設定および利用料金が必要です。

料金プランの詳細はこちらから

よくある質問

導入に必要な期間はどのぐらいですか?
通常は2週間ほどでご導入が可能です。導入時期によってはお時間を頂くこともございます。
メディクスは高スペックのパソコンでなければ使えないのでしょうか?
いいえ。ノートパソコンやiPad・Surface・Chromebookなどのタブレット端末でも薬歴の記入ができます。
メディクスはレセコン一体型の薬歴ですか?
メディクスはクラウド型電子薬歴です。レセコン一体型ではなく、お使いのレセコンと連動させることで機能します。
地方の薬局ですが、出張デモは可能ですか?
可能です。またオンラインでのご説明も行っております。
無料のお試しが可能な出張デモ、お見積、ご質問など、お気軽にご相談ください。
いま使っているレセコンデータと連携できますか?
NSIPS®に対応しているレセコンであれば連携可能です。
お使いのレセコンがNSIPS®に対応しているかは、現在お使いのレセコンメーカーに確認をお願いします。
他社システムで作成・保存してある過去の処方薬情報は移行できますか?
NSIPS®に対応しているレセコンであれば過去の処方薬情報を移行できます。
他社システムで作成・保存してある電子薬歴は移行できますか?
「電子薬歴データ交換仕様に関する連絡協議会(exPD:association for exchange of Pharmacy electronic medical record Data)」に加盟している電子薬歴のデータは、データ移行が可能となります。
その他のご質問

セミナー情報

開催日時:2022年12月21日(水)19:00~20:00

次世代薬局における「効率的」人材活用セミナー 〜今後の薬局の命運は、薬局事務さんにかかっている!?〜

「対物業務中心から対人業務中心へ変化が求められている」薬局業界全体の課題は皆様ご承知の通りかとおもいます。おのずと、対物の効率化を行うことと対人への注視化は必須といえます。今回のセミナーのテーマは「薬局と薬剤師・非薬剤師の連携力強化」です。変化する業務を局内へ周知・浸透させることと、その変化に新しく対応した評価精度を構築することは、どの薬局様にも必要なことです。ゲストスピーカーとして、HYUGA PRIMARY CARE株式会社 代表取締役社長の黒木哲史氏、ならびに、同社取締役の城尾浩平氏をお招きします。同社が運営する「きらり薬局」での具体例を中心に、「在宅の需要の高まりときらり薬局が取り組んできたこと」をお話しいただき、また、薬局が在宅展開へ前を向けられるサポートプラン、同社の「きらりプライム事業」の活用についても具体例を用い解説いただきます。

開催日時:2022年12月15日(木)19:00~20:00

【ご好評につきアーカイブ配信】
【ちょっとだけがんばればできる小児在宅医療】今こそはじめる小児在宅

本セミナーでは、『ちょっとだけがんばればできる小児在宅医療』と題しまして、医師側から小児在宅医療の実情を解説いただきます。何かと大変だと思われがちな小児在宅医療、実は負担をそこまで大きくせずに取り組める道もあります。講師として、大阪府堺市で小児在宅医療と在宅緩和ケアを中心に取り組んでいらっしゃる医療法人輝優会「かがやきクリニック」院長、南條浩輝先生をお招きします。在宅療養支援診療所の院長が自ら語る小児在宅医療の今とこれから、貴重な機会です。是非お申し込みください。

開催日時:2022年12月13日(火)19:00~20:00

【ご好評につきアーカイブ配信】
メディクス製品相談会『今使っているものとどう違うの?』

今回もクラウド型電子薬歴「メディクス」の製品相談会です。「最近よく耳にするクラウド型の薬歴ってなんなの?」「今使っている電子薬歴と何が違うの?」そういった疑問を解決する相談会となっています。今お持ちのお悩みを気軽にご相談ください。2022年の診療報酬改定の方針でも取り上げられているように、今まで以上に対人業務に対する評価が見直されます。一方で、対物業務が減るわけではありません。対人業務の充実と、対物業務の効率化の両立が求められます。これらをじっくりと解説します。

開催日時:2022年12月8日(木)19:00~20:00

【ご好評につきアーカイブ配信】
経営者向け【IT 導入補助金を知るセミナー】 スマートに薬歴を乗り換えませんか? ~抜けなくもれなくつつがなく~

今回も、調剤薬局様向けにITツールの導入の際に知っておきたい「IT導入補助金」について解説します。セミナーでは、申請に必要なこと、注意するべきポイントを解説します。 「国の補助金の申請をしたことがない」という方から、「申請したことはあるけど、審査を通らなかった」という方まで、IT 導入補助金に関わる疑問を一挙に解決するセミナーです。 スピーカーとして、株式会社KIZASHIのIT導入補助金のマネージャー・小菅あゆみ氏をお招きします。 薬局経営者の皆様が抱える「IT導入補助金って何から始めればいいの?」という疑問を解決し、皆様のITツール導入を、一歩前に進めるセミナーです。

お役立ち情報、冊子無料ダウンロード

IT導入補助金2022のIT導入支援事業者に登録されました!

IT導入補助金2022のIT導入支援事業者に登録されました!
IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートする補助金です。 くわしくはIT導入補助金のページよりご確認下さい。
https://medixs.jp/ithojo2022/