お問い合わせ・資料請求
03-6427-3067
平日受付 11:00 〜 18:00

iPadで使える電子薬歴を導入してより細やかなサービスをご提供

業務効率化のため、電子薬歴を導入される調剤薬局様は非常に増えてきています。
少し前までは専用のパソコンでなければ電子薬歴の更新や編集は出来ませんでした。しかし最近ではiPad等のタブレット端末で電子薬歴を閲覧・編集することが出来るメーカーも増えてきています。
調剤薬局がiPadを導入するメリットとは何でしょうか?沢山の情報をまとめなければならない薬歴においてiPadは使いやすいものとなるのでしょうか?

片手で持ち運べるiPadならちょっとした調べものに便利

軽いノートパソコンはありますが、手で持って運ぶとなると結構かさばりますし重たいですよね。
それに比べてiPadなら、片手で持って調剤薬局の何処にいても直ぐ知りたい情報を確認することが出来ます。
モノが多くスペースに余裕の無い、調剤室でも簡単に確認が出来ます。
iPadで電子薬歴を見ながら残薬状況を確認すれば在庫の調整もスムーズに行えます。

正確な情報を元に作業を進める必要のある調剤薬局において、iPadで直ぐに電子薬歴のデータを確認することが出来るなら業務もはかどるのではないでしょうか?

在宅医療で大活躍、iPadなら安全性と使いやすさの両立が可能

近年では調剤薬局も在宅医療への参加が求められてくるようになっています。
障壁はさまざまなありますが、中でも安全に薬歴情報を持ち運ぶことが出来るか?というものがあるかと思います。 デリケートな個人情報ですので、出来れば調剤薬局内だけにとどめておきたいものですが、過去薬歴の確認や適切な服薬指導のためにも薬歴は患者様宅へ一緒に持っていく必要があります。

紙薬歴ですと盗難の被害にあったとき、直ぐに情報が流出してしまうことになります。
しかし電子薬歴の場合、特にiPadなどの場合は専用のアプリや遠隔操作でデータを閲覧できないようロックを掛ける機能が使える場合もあります。 盗難の被害にあったら即情報流出となるわけではないので、この点は紙薬歴より安全です。
また、iPadは軽く持ち運びやすいので患者様宅へ訪問する薬剤師さんの負担軽減にもなります。

そして、iPadに最適化された電子薬歴の場合複雑な操作をしなくても必要な情報を探したり比較したり出来るようになっています。
使いやすさは各社で異なりますが、基本的に指一本でも操作しやすいように工夫がなされているためパソコンが苦手な方でもiPadなら使いこなせるという方も多くいらっしゃいます。

ばらばらになりやすい資料も整理が簡単

患者さんが持ってきた書類で薬歴と一緒に保存しておきたいものがあった場合、電子薬歴ではどうしても保存しづらいですよね。 iPadで使える電子薬歴の場合、カメラ機能で添付したいものの写真を撮ると、対象の日付の薬歴に添付ファイルとして一緒に保存できる機能のあるものがあります。

かさばったり、バラけたりすることを防ぐことが出来るので整理が非常に楽になりますね。

説明は患者さんの元へ行って、お見せしながら

カウンターでしか薬歴などの資料が確認できない場合、患者様にカウンターまで来ていただく必要があります。
立っているのが困難な方や、小さいお子様ずれの患者様の場合かなり負担になってしまうかもしれません。

iPadで薬歴が確認できると実際に患者様が座っていらっしゃる場所まで行ってご説明することが出来ます。
これなら患者様の負担にもなりませんし、カウンター越しでないので指導箋も見やすく出来るなど細やかなサービスをご提供することが出来ます。

iPad対応の電子薬歴メディクスなら使いやすく安全!

訪問調剤のためにiPadを薬局外に持ち出す際、メーカーによってはセキュリティー確保のため新たに機材を導入したりオプションをつける必要があります。

メディクスの場合、VPN回線を用いるので安全に薬局外で電子薬歴をお使いいただけます。

また、メディクスは10年分のデータがたまってもキビキビとした動きが出来るように設計されています。
いまiPad版の電子薬歴を使っているけれど、訪問先で患者さんの情報がなかなか出てこなくて焦ったという経験をした事はありませんか?
メディクスは沢山のデータが蓄積されても、使い始めたときと同じスピードで操作できます。

必要な情報が直ぐ取り出せるiPad対応の電子薬歴メディクスは、調剤薬局様の更なるサービス向上に貢献します。

ご質問・ご要望など、お気軽にお問い合わせください。
資料請求・お試しデモも無料です。
Homeお役立ち情報電子薬歴をiPad活用で