薬剤師不足の対策

はじめに

求人を出してもなかなか薬剤師さんを雇えないという悩みを抱えている薬局様は少なくないでしょう。
薬剤師総数は多いはずなのになぜ、派遣を頼まないといけないまでに薬剤師不足なのでしょうか?薬剤師不足が引き起こすかもしれない危険性と対策についてまとめてみました。

薬剤師は実際に不足しているのか?

厚生省によると薬剤師の求人倍率は平成18年度は7.28倍でしたが、平成25年度には10.05倍となりかなりの売り手市場になったということが分かります。

出典:https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000066750.pdf


しかし、薬剤師の総数そのものは増えてきており平成28年度の時点で人口10万人に対しての薬剤師数は237.4人とその前の年に比べて10.7人も増加しています

出典:https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/ishi/16/dl/gaikyo.pdf


年を追うごとに薬剤師総数は増えている傾向にありますが、どうして薬剤師不足にあえぐ薬局はあとを絶たないのでしょうか? 同資料には地域別の薬剤師数に関しても調査が行われており、人口の多い県に薬剤師が集中していることが分かります。
一方で、地方の中・小規模の薬局では人の確保が難しいことが分かります。
本当に人の確保が難しい地域になると、かなりの高時給で薬剤師を派遣してもらうという薬局もあるそうです。
どうしてそこまで人の確保が難しくなるのでしょうか?

人手不足のところはより人が集まりにくい

調剤薬局の場合、近くの病院の時間や花粉のシーズンなどさまざまな要因によって患者さんの来院具合が変わり、どうしても残業が発生してしまうことがありますよね。
また、門前薬局の調剤基本料の見直しなどにより通常の調剤以外の部分でも力を入れていかなくては生き残れず、年々薬剤師の負担が増えています。

男女比では、3:7程度の割合で男性より女性の薬剤師のほうが多いです。
出産などのライフイベントで一時的に退職した場合など、子どもが学校や保育園などに行っている時間に働いて迎えに行く時間には退社する勤務時間を希望する人も多くいます。
時短勤務を希望する薬剤師さんの場合、派遣で働いたほうが時間に融通が利きやすいケースが多く、普通に求人を出すだけではなかなか応募が集まらないことが多いです。

そうなると社員として働いている薬剤師の作業がいつまでも多い状態となり、常に残業している状態が続き、結果として離職者が増えるということにも繋がりかねません。

増え続ける薬剤師の作業を少しでも効率的にするために

調剤だけでなく、きめ細かなヒアリングや指導なども求められる薬剤師にとって、全ての業務を業務時間内で終わらせるのは簡単ではありません。
患者様が全員帰られた後に残って、その他の作業をする薬剤師さんも多いと思います。

従業員数が少ない中、一人が多くの作業を長時間続けていると、どんなに注意していてもミスが出てしまう可能性が高くなります。
ミス無く、効率的に業務を行えるようにするにはどうしたらよいのでしょうか?

日々の業務で利用する機械を使いやすいものに変えるという方法は、すぐにできて以降もずっと効果を発揮し続けます。
電子薬歴メディクスなら、多くの入力サポート機能で薬歴の入力時間が1日あたり平均で1時間短縮できます。
なんとなく見にくい薬歴から、メディクスの見やすい薬歴に変えて患者様と会話をしながら薬歴を書き上げませんか?

メディクスは使いやすいだけでなく、今まで目視で確認していたような前回差分や日付など自動で抽出することが出来ます。
また、ハイリスク薬などのアラート機能などさまざまなアラート機能が充実しています。
急いで確認していたら見落としかねない細かな部分までサポートしています。

同薬局内であれば台数が増えても追加料金なし。電子薬歴には珍しく、指定のパソコンも無いので既にお持ちのパソコン1台から低価格での導入が可能です。

「うちの職場はこんな働きやすい工夫があります!」といえる職場作りをお手伝いします。
誰でも使いやすい電子薬歴メディクス。薬剤師さんたちの残業対策にいかがでしょうか?


冊子ダウンロード

*必須記入事項
ご氏名*
薬局名*
メールアドレス*
お電話番号*
郵便番号*
ご住所*
冊子の利用用途*
お使いの電子薬歴*
現在の薬歴でお困りのことをお聞かせください
個人情報のお取り扱いにご同意頂き、ダウンロードボタンを押してください。
※個人情報のお取り扱いについて
今回ご登録いただきました個人情報は、当社サービスの資料送付、お問い合わせに対するご連絡等の目的のために利用するとともに、今後のサービス向上のための統計用データとして利用させていただく場合がございます。
ご記入いただく情報に不明な箇所があった場合など、確認のためにお電話等にてご連絡をさせていただく場合がございます。お預かりした個人情報は、ご本人の同意を得ることなく弊社以外の第三者に提供することはありません。
また、お客様からご要望があった場合には、個人情報を速やかに消去させていただきます。
詳しくは株式会社アクシス「個人情報のお取り扱いについて」をご覧下さい。

導入事例

下島調剤薬局 様

東京都八王子市に位置する下島調剤薬局。患者さんが何でも相談できる「よろず相談所」というビジョンを掲げ、「かかりつけ薬局」を推進するシステム「kakari」の導入や、薬局に勤務する管理栄養士による栄養指導など、患者さんに寄り添ったサービスを、提供し続けています。2021年6月にメディクスを導入。今回は、メディクス導入に至った経緯や、メディクスを導入したことによる変化について、下島社長にお話をうかがいました。

ホシミ商事株式会社 様

東京都に2店舗の調剤薬局を運営するホシミ商事株式会社。在宅に力を入れ、個人宅や施設への訪問を積極的に行っています。在宅訪問が特に重要視される以前から体制を整え、患者さんの声に柔軟に対応し続けています。外来の患者さんと、在宅の患者さんに、それぞれ別のシステムを使用していたところを、2020年10月にメディクスを導入し、薬歴システムを統一。今回は、メディクス導入に至った経緯や、メディクスを導入したことによる変化について、うかがいました。

合同会社ケーツーリンク 様

静岡県磐田市に、2店舗の調剤薬局を展開する合同会社ケーツーリンク。代表の鈴木先生は、大手グループチェーン薬局をはじめ、様々な薬局を経験。合同会社ケーツーリンク設立後も、会社経営に加え、他社の薬局を手伝っているという。薬剤師としても、地域医療を支える為に、第一線の現場に立ち続けています。リンク薬局見付店には2018年3月にメディクスを導入。今回は、メディクス導入に至った経緯や、メディクスを導入したことによる変化について、うかがいました。

導入事例をもっと見る

料金体系

メディクスの料金プランは「何台置いても月額利用料一律」が特長です。
ご導入時は初期手数料と、あとは月額利用料のみでご利用いただけます。
詳しくはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。
※薬局外に持ち出してメディクスを利用する場合は別途設定および利用料金が必要です。

料金プランの詳細はこちらから

よくある質問

導入に必要な期間はどのぐらいですか?
通常は2週間ほどでご導入が可能です。導入時期によってはお時間を頂くこともございます。
メディクスは高スペックのパソコンでなければ使えないのでしょうか?
いいえ。ノートパソコンやiPad・Surface・Chromebookなどのタブレット端末でも薬歴の記入ができます。
メディクスはレセコン一体型の薬歴ですか?
メディクスはクラウド型電子薬歴です。レセコン一体型ではなく、お使いのレセコンと連動させることで機能します。
地方の薬局ですが、出張デモは可能ですか?
可能です。またオンラインでのご説明も行っております。
無料のお試しが可能な出張デモ、お見積、ご質問など、お気軽にご相談ください。
いま使っているレセコンデータと連携できますか?
NSIPS®に対応しているレセコンであれば連携可能です。
お使いのレセコンがNSIPS®に対応しているかは、現在お使いのレセコンメーカーに確認をお願いします。
他社システムで作成・保存してある過去の処方薬情報は移行できますか?
NSIPS®に対応しているレセコンであれば過去の処方薬情報を移行できます。
他社システムで作成・保存してある電子薬歴は移行できますか?
「電子薬歴データ交換仕様に関する連絡協議会(exPD:association for exchange of Pharmacy electronic medical record Data)」に加盟している電子薬歴のデータは、データ移行が可能となります。
その他のご質問

お役立ち情報、冊子無料ダウンロード

IT導入補助金2021のIT導入支援事業者に登録されました!

IT導入補助金2021のIT導入支援事業者に登録されました!
IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートする補助金です。 くわしくはIT導入補助金のページよりご確認下さい。
https://medixs.jp/ithojo2021/