お問い合わせ・資料請求
03-6427-9800
平日受付 11:00 〜 18:00

電子薬歴の普及率はどのくらい?
業務の変化に伴う電子薬歴の必要性とは

薬局の電子化は必要なのか?

超高齢化社会を迎える日本において医療の問題は非常に大きいです。
高齢であっても、重い病気を抱えていたとしても、出来る限り自立して尊厳を持った生活が出来るようさまざまな取り組みが考えられています。

地域で包括的な支援をするため、少しでも医療費の増大を軽減するための取り組みの中で、調剤薬局の担う役割は非常に多く、以前にもまして業務が多様化してきています。
薬剤師一人ひとりにかかる負担を軽減すると共に、薬局に求められている多様な仕事を効率的にこなすために調剤薬局のIT化が急がれています。 薬歴やお薬手帳など、かつて紙で記録していたものも電子化する動きが活発になってきています。
薬歴を電子化することは必要なのでしょうか。また、どれくらいの薬局で行われているものなのでしょうか。



調剤薬局における電子薬歴の普及率はどれくらい?

千葉県薬剤師会が千葉県内に店舗を構える調剤薬局に対して行ったアンケート調査によると、電子薬歴の普及率は50.3%と薬局の半数は電子薬歴を利用しているということがわかりました。
平成25年度に実施された調査ですので、おそらくこのアンケートがとられたときよりも多くの薬局様が電子薬歴をご利用されていると予想されます。

紙の薬歴に慣れていると、電子薬歴を導入するのには多かれ少なかれ抵抗がある方が多いかと思います。
しかし、上記の調査では半数以上の薬局に電子薬歴は普及していました。今までの業務のやり方が変わるとしばらく負担がかかるかと思いますが、どうしてこれほど多くの薬局で電子薬歴は普及しているのでしょうか?

紙薬歴では追いつかない、これからの薬局業務

医療の面ではっきりとした分業体制を作ることで、より安全に・より的確に医療を提供しようという取り組みが厚生労働省により推進されています。
調剤薬局は24時間の対応や、在宅医療への参加、かかりつけ薬局としての機能などさまざまな役割を果たさなければならなくなりました。

これにより、今まで以上に薬がその患者さんにどのような影響を及ぼしてきたか継続的な情報が必要になってきました。
そのため薬剤師は、患者さんと信頼関係を築き、日ごろから継続して副作用の情報や服薬の習慣・その他健康に関わるさまざまなことを聞き取り服薬指導をすることを期待されるようになりました。

さまざまな情報を訪問先でも、薬局内でも直ぐに参照出来ることが重要になります。
紙薬歴ではこれらさまざまな情報を最新の状態に保ち整理することが煩雑なこともあり、データを共有できる電子薬歴が求められるようになりました。

営業時間内に、薬局の中だけで完結する業務でなはくなりつつあるので、より柔軟に情報を扱うことが出来る電子薬歴に移行する薬局様が増えてきています。
現代薬局に求められている役割を担うにあたり、薬歴の電子化は必須のものであるといえるでしょう。

まだ電子化してない!でも、どんな薬歴を選べばいいの?

だんだん紙薬歴では対応しきれなくなってきた場合、そろそろ電子薬歴に移行しようかとお考えになる薬局様も多いことでしょう。
ですが、いくつかある電子薬歴の中からどれを選べばよいか迷ってしまう方も多いでしょう。

毎日必ず使うものですから、使いやすいものである必要があります。
また、在宅医療などの業務を始める場合はそれらにも対応したものが良いですよね。

電子薬歴メディクスなら、”いつでも・どこでも”最新の薬歴情報を確認できる電子薬歴です。
訪問先に行ったとき、薬歴情報が更新されていなくて困った!という事態を防げます。

また、前回差分や過去のデータを直ぐに抽出できるので継続した服薬指導を行いやすくなります。
今まで目視で確認しなければならなかった差分など、自動で抽出してくれるのでひとつ見るところがずれていたなどが起こらず安全な服薬指導をサポートいたします。

「今まで紙薬歴しか使ったことが無いから、電子薬歴を使えるか不安」という方でも1日で使いこなせる工夫がされています。
無料の出張デモも行っています。少しでも気になった方はお気軽にお問い合わせフォームからご相談ください。

ご質問・ご要望など、お気軽にお問い合わせください。
資料請求・お試しデモも無料です。
Homeお役立ち情報電子薬歴の普及率