ハイリスク薬に安全かつ速やかに対応するために

ハイリスク薬の場合、安全に配慮しなければならないのはもちろんですが患者さんの症状は重篤な場合が多く正確かつ迅速な対応が求められます。
また、ハイリスク薬を処方されている患者さんはハイリスク薬を含めて複数の薬を処方されている場合があります。
薬が複数出ているだけでなく、高齢や身体的不調などから薬の管理が難しくなっているケースも少なくありません。
そのような特に注意が必要な場面で、どのように安全性・正確性・素早さを両立させることができるのでしょうか?

ハイリスク薬の服薬指導を難しくする要因とは

ハイリスク薬の服薬指導を難しくする要因には何があるでしょうか?
通常の薬剤に比べて投与量や併用禁忌・各種検査値により注意する必要があるということがあります。
複雑で分かりにくいものですがそのとき処方されたハイリスク薬全てに指導をする必要があります。
ひとつであるならまだしも、忙しい薬局業務の中で複数のハイリスク薬の指導を的確に行うのは難しいものです。

ハイリスク薬が処方されていた場合、自動でアラートを出してくれる電子薬歴があると見落とす心配もなく素早くかつ安全に指導に移ることができます。
電子薬歴メディクスは「厚生労働省」と「薬剤業務委員会」が指定したハイリスク薬があった場合、分かりやすいアイコンを付けてその薬がハイリスク薬であると一目で分かるように表示します。
これにより万が一の見落としを防ぎます。

的確な指導をするために

どの薬がハイリスク薬か一目で分かるとしても、その薬と関連する副作用を調べてどのような指導を行うか考えるのは時間がかかりますよね。
薬歴の同じページで患者情報とその薬で起こりうる副作用を同時に閲覧できたら非常に便利だと思いませんか?
メディクスは患者情報と今回の処方の内容など1画面で見ることができます。

ページを行き来する必要がないので、それぞれを見比べながらどれを説明すれば良いか考えることができ非常に効率的で見落としなどのリスク回避にもなります。
ハイリスク薬に限らず、メディクスではその薬に対する指導文マスタが1薬品に付き平均10種類以上あります。
副作用に関してはクリックしながら入力できるので、説明をしたものを順番にクリックしていけば指導文の入力は完了です。

飲み合わせ問題を可視化

ハイリスク薬を処方されている患者様の場合、複数のハイリスク薬を処方されていたりまた別の薬を複数服用している場合も少なくありません。
薬だけでなく、日常口にする食品に関しても気を配らなければなりません。

薬の飲み合わせだけでも気を使いますが、食品にもより注意を向けなければならないとなると調査量が多くなりますね。 患者さんをあまり長く待たせるわけには行きませんので素早く行う必要がありますが、調べた大量の情報を誰が見返しても見やすく完結にまとめることも必要になってきます。
記憶が新鮮なうちにまとめておきたいですが、患者さんが多い時間帯などはどうしてもすぐにまとめられないかと思います。

メディクスはそのような複雑で量が多くなりがちな情報を見やすく色分けし、薬・食べ物双方の相互作用を一目で把握できるようにしてあります。
自動でポップアップする表にすでにまとめられており、その場ですぐに参照することで自然と相互作用に関する知識が付きスキルアップにもつながります。

また、「禁忌」「併用禁忌」のチェックがかかった場合には、「疑義照会する」ボタンが表示されます。
その処方元や対象医薬品があらかじめセットされたフォームから、ダイレクトに疑義照会内容が入力できるので電話やファックスの準備をする時間をかけずに問い合わせができます。

ハイリスク薬を扱う場合相互作用の確認は必ず必要ですし、安全な処方のために積極的に医師と連携することも求められてきます。
それらの作業を効率的かつ、的確に行うことができるのでよりよい調剤を行う助けになります。

電子データは確実なものなの?

ハイリスク薬を電子データのみで管理する場合は、データを修正した記録なども残してある必要があると定められています。
修正記録を手動で反映させていく場合、日付の記入を間違えてしまったり一部反映できていない部分があると改ざんしたのではと疑われるきっかけになるかも知れません。
内容は記録しても、時間や担当者が誰かなど細かな部分は忘れてしまったりするかもしれません。

メディクスの場合は「いつ・誰が・どこを」修正したのかという記録が自動で残ります。
しかもこの記録に関しては薬剤師さんが触れることができません。
つまり改ざんをしていないという確固たる証明となります。
日付や担当者などが一箇所でも間違っていた場合正確なデータとは言えなくなってしまう薬歴の場合、「いつ・誰が・どこを」修正したのかという記録が自動で残るならもし万が一の記載ミスも防げて安心ではないでしょうか。

バックアップは自分でするの?

データを誰がいつどのような内容に修正したかという記録ももちろん必要なのですが、全体のバックアップを取っておくことも求められています。
データをパソコンなどに直接記録していくタイプの薬歴の場合、薬剤師さんたちが業務の合間を縫って自ら記録していく必要があります。
すでに記録されているデータをコピーするだけということもできるので、簡単といえば簡単ですが・・・・・・。
操作を間違ってしまった場合などはデータ全消去など恐ろしい事態も発生しないとは言い切れません。

消してしまう危険性だけでなく、データが多ければそれだけバックアップとをとるのに時間がかかります。
ただでさえやることが山済みの中で時間を見つけるのも大変ですし、なかなか終わらないとなると負担が大きくなるのではないでしょうか。

メディクスの場合は薬歴データのバックアップは自動で行われていきます。
いつ時間を取り分けようと悩む必要はなく、誤って消してしまったらという心配もありません。

メディクスでもっと安全・もっと速い調剤を

メディクスならハイリスク薬に対するアラートや相互作用確認表が標準装備です。
薬剤師さんの負担を軽減しつつよりよい調剤薬局作りのお手伝いをいたします。

まずは資料請求・お見積など、お気軽にお問い合わせフォームからご相談ください。

料金体系

メディクスの料金プランは「何台置いても月額利用料一律」が特長です。
ご導入時は初期手数料と、あとは月額利用料のみでご利用いただけます。
詳しくはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。
※薬局外に持ち出してメディクスを利用する場合は別途設定および利用料金が必要です。

料金プランの詳細はこちらから

よくある質問

導入に必要な期間はどのぐらいですか?
通常は2週間ほどでご導入が可能です。導入時期によってはお時間を頂くこともございます。
メディクスは高スペックのパソコンでなければ使えないのでしょうか?
いいえ。ノートパソコンやiPad・Surface・Chromebookなどのタブレット端末でも薬歴の記入ができます。
メディクスはレセコン一体型の薬歴ですか?
メディクスはクラウド型電子薬歴です。レセコン一体型ではなく、お使いのレセコンと連動させることで機能します。
地方の薬局ですが、出張デモは可能ですか?
可能です。またオンラインでのご説明も行っております。
無料のお試しが可能な出張デモ、お見積、ご質問など、お気軽にご相談ください。
いま使っているレセコンデータと連携できますか?
NSIPS®に対応しているレセコンであれば連携可能です。
お使いのレセコンがNSIPS®に対応しているかは、現在お使いのレセコンメーカーに確認をお願いします。
他社システムで作成・保存してある過去の処方薬情報は移行できますか?
NSIPS®に対応しているレセコンであれば過去の処方薬情報を移行できます。
他社システムで作成・保存してある電子薬歴は移行できますか?
「電子薬歴データ交換仕様に関する連絡協議会(exPD:association for exchange of Pharmacy electronic medical record Data)」に加盟している電子薬歴のデータは、データ移行が可能となります。
その他のご質問

セミナー情報

開催日時:2022年12月21日(水)19:00~20:00

次世代薬局における「効率的」人材活用セミナー 〜今後の薬局の命運は、薬局事務さんにかかっている!?〜

「対物業務中心から対人業務中心へ変化が求められている」薬局業界全体の課題は皆様ご承知の通りかとおもいます。おのずと、対物の効率化を行うことと対人への注視化は必須といえます。今回のセミナーのテーマは「薬局と薬剤師・非薬剤師の連携力強化」です。変化する業務を局内へ周知・浸透させることと、その変化に新しく対応した評価精度を構築することは、どの薬局様にも必要なことです。ゲストスピーカーとして、HYUGA PRIMARY CARE株式会社 代表取締役社長の黒木哲史氏、ならびに、同社取締役の城尾浩平氏をお招きします。同社が運営する「きらり薬局」での具体例を中心に、「在宅の需要の高まりときらり薬局が取り組んできたこと」をお話しいただき、また、薬局が在宅展開へ前を向けられるサポートプラン、同社の「きらりプライム事業」の活用についても具体例を用い解説いただきます。

開催日時:2022年12月15日(木)19:00~20:00

【ご好評につきアーカイブ配信】
【ちょっとだけがんばればできる小児在宅医療】今こそはじめる小児在宅

本セミナーでは、『ちょっとだけがんばればできる小児在宅医療』と題しまして、医師側から小児在宅医療の実情を解説いただきます。何かと大変だと思われがちな小児在宅医療、実は負担をそこまで大きくせずに取り組める道もあります。講師として、大阪府堺市で小児在宅医療と在宅緩和ケアを中心に取り組んでいらっしゃる医療法人輝優会「かがやきクリニック」院長、南條浩輝先生をお招きします。在宅療養支援診療所の院長が自ら語る小児在宅医療の今とこれから、貴重な機会です。是非お申し込みください。

開催日時:2022年12月13日(火)19:00~20:00

【ご好評につきアーカイブ配信】
メディクス製品相談会『今使っているものとどう違うの?』

今回もクラウド型電子薬歴「メディクス」の製品相談会です。「最近よく耳にするクラウド型の薬歴ってなんなの?」「今使っている電子薬歴と何が違うの?」そういった疑問を解決する相談会となっています。今お持ちのお悩みを気軽にご相談ください。2022年の診療報酬改定の方針でも取り上げられているように、今まで以上に対人業務に対する評価が見直されます。一方で、対物業務が減るわけではありません。対人業務の充実と、対物業務の効率化の両立が求められます。これらをじっくりと解説します。

開催日時:2022年12月8日(木)19:00~20:00

【ご好評につきアーカイブ配信】
経営者向け【IT 導入補助金を知るセミナー】 スマートに薬歴を乗り換えませんか? ~抜けなくもれなくつつがなく~

今回も、調剤薬局様向けにITツールの導入の際に知っておきたい「IT導入補助金」について解説します。セミナーでは、申請に必要なこと、注意するべきポイントを解説します。 「国の補助金の申請をしたことがない」という方から、「申請したことはあるけど、審査を通らなかった」という方まで、IT 導入補助金に関わる疑問を一挙に解決するセミナーです。 スピーカーとして、株式会社KIZASHIのIT導入補助金のマネージャー・小菅あゆみ氏をお招きします。 薬局経営者の皆様が抱える「IT導入補助金って何から始めればいいの?」という疑問を解決し、皆様のITツール導入を、一歩前に進めるセミナーです。

お役立ち情報、冊子無料ダウンロード

IT導入補助金2022のIT導入支援事業者に登録されました!

IT導入補助金2022のIT導入支援事業者に登録されました!
IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートする補助金です。 くわしくはIT導入補助金のページよりご確認下さい。
https://medixs.jp/ithojo2022/