電子薬歴メディクスの導入で業務はどう変わる?
~使い方簡単!全ての薬剤師さんの使いやすいを追及して~

STEP1

問診

患者さんが問診表を記入します。

STEP2

レセコン入力

レセコンに情報を入力します。メディクスで患者情報を確認することができるようになります。

STEP3

メディクスで患者情報を開きます。

メディクスを使うにはインターネットブラウザでログインするだけ。起動に時間はかかりません。
名前や、薬歴の状態、期間等から、素早く患者検索ができます。

処方監査

電子薬歴の使い方の基本的な部分はどのメーカーでも大きな違いはありません。
しかし電子薬歴メディクスでは、薬剤師さんの使いやすいを徹底的に追及した結果、薬剤師さんが日ごろ感じているであろう「使いづらい・あったら便利」という機能を搭載しています。
メディクスでは患者画面を開くと相互作用などをチェックする監査機能がポップアップが自動で表示されます。
薬の飲み合わせはもちろんのこと、食品と薬の相乗作用の問題色分けされて表示されます。
見落とされがちな注意事項もしっかり確認できより安全な調剤をサポートします。
また、数多くの組み合わせに対応するこちらの機能をお使いいただくと実例を基にした組み合わせの注意点を学べるので薬剤師さんの更なる知識の向上にもつながります。

さらに、「禁忌」「併用禁忌」などがかかった場合は問い合わせボタンが表示され、その場ですぐ処方もとの医療機関へ問い合わせをすることができます。
ファックスを書いたり電話が空くのを待つ必要は無く、気がついたその場で確認していただくことができます。

STEP4

前回の処方と差分を確認

メディクスでは、ボタンひとつで、前回と今回の処方の差分を入力することができます。
用量・用法の変更なども差分ボタン一つで抽出できるので、医療計画が適切かすぐに確認することができます。

STEP5

調剤

薬を調剤します。

STEP6

薬のお渡し・服薬指導

患者様にお薬をお渡しし、服薬指導します。
患者様と話をしながら、パソコンやiPadで薬歴を入力していくことができます。
そのため、指導の抜け漏れが発生せず、服薬指導の質も統一されます。

メディクスの場合、ひとつの薬に約10種類前後の指導文テンプレートが用意されています。
全部で20,000点を超える指導文があり、説明が必要な項目をカバーしています。
これらの指導文はクリックするだけで入力できるようにできています。

説明したものを順番にクリックしていけば、どれを説明してどれをしていないかわからなくなることはありません。
うっかり説明し忘れてしまうことも防げますし、説明した項目は確実に記録されていきます。

また、ハイリスク薬の指導文もしっかりサポートしています。

前回の内容も見やすい、1画面完結型

メディクスの薬歴画面は、1画面の中に患者情報・頭書き・前回の処方内容と指導内容・今回の処方内容と指導内容がまとまっています。
必要な情報がぎゅっと集約されているので、ページ移動をすることなく、とてもシンプルな操作で入力できます。
前回と今回の処方・指導分は左右並べて配置されているので、見比べながら入力ができます。

テンプレートにないことを書きたいとき

患者様が口にされた疑問や悩みは、よりよい指導をする上で重要な情報ですから、逃さず記録しておきたいですよね。
そのような場合は患者メモ機能へ簡単なメモを残すことができます。
患者情報と結びついているので、次回別の薬剤師さんがその患者さんを担当することになっても、メモを参照してもらえます。

特に注意して見て欲しい内容などは、薬歴入力画面を開いた時にポップアップされるような設定もできます。
メモの背景色を変えることも可能なので、赤い色に変えるなどして「重要です!みてください!」とアピールをすることも可能です。
これらのデータはチェーン薬局の別店舗へもリアルタイムで共有されます。
なかなか情報共有ができない別店舗の薬剤師さんへも、詳細な情報の共有が可能です。

STEP7

服薬指導終了と同時に薬歴入力完了。 次の患者様の対応へ

患者様に服薬指導をしつつその場で薬歴を入力していくので、患者様対応が終わった時には薬歴入力が完了しています。
そのため、「抜け漏れ・忘れ」や、未記入薬歴が溜まることも無くなりますし、薬剤師さんの残業等の負担を軽減できます。

番外編~こんなテンプレートがあれば便利と思ったら~

メディクスには無いけれど、こういうテンプレートがあれば便利なのにと思うことがあるかもしれません。
そういった場合、テンプレートをカスタマイズしていただくことが可能です
また、そのテンプレートもチェーン薬局間で共有が可能です。
よく使う項目をテンプレート化することで更なる業務の効率化と、それを共有することでグループ薬局内のサービス向上につながります。

料金体系

メディクスの料金プランは「何台置いても月額利用料一律」が特長です。
ご導入時は初期手数料と、あとは月額利用料のみでご利用いただけます。
詳しくはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。
※薬局外に持ち出してメディクスを利用する場合は別途設定および利用料金が必要です。

料金プランの詳細はこちらから

よくある質問

導入に必要な期間はどのぐらいですか?
通常は2週間ほどでご導入が可能です。導入時期によってはお時間を頂くこともございます。
メディクスは高スペックのパソコンでなければ使えないのでしょうか?
いいえ。ノートパソコンやiPad・Surface・Chromebookなどのタブレット端末でも薬歴の記入ができます。
メディクスはレセコン一体型の薬歴ですか?
メディクスはクラウド型電子薬歴です。レセコン一体型ではなく、お使いのレセコンと連動させることで機能します。
地方の薬局ですが、出張デモは可能ですか?
可能です。またオンラインでのご説明も行っております。
無料のお試しが可能な出張デモ、お見積、ご質問など、お気軽にご相談ください。
いま使っているレセコンデータと連携できますか?
NSIPS®に対応しているレセコンであれば連携可能です。
お使いのレセコンがNSIPS®に対応しているかは、現在お使いのレセコンメーカーに確認をお願いします。
他社システムで作成・保存してある過去の処方薬情報は移行できますか?
NSIPS®に対応しているレセコンであれば過去の処方薬情報を移行できます。
他社システムで作成・保存してある電子薬歴は移行できますか?
「電子薬歴データ交換仕様に関する連絡協議会(exPD:association for exchange of Pharmacy electronic medical record Data)」に加盟している電子薬歴のデータは、データ移行が可能となります。
その他のご質問

セミナー情報

開催日時:2023年3月9日(木)19:30~20:30

【開始から1ヶ月】厚生労働省 電子処方箋推進担当者ご登壇 どうする?どうなる? 電子処方箋・オンライン資格確認セミナー

電子処方箋が2023年1月26日に運用開始となりました。処方箋が電子化されることで、医療機関と薬局患者との間での情報共有やコミュニケーションが促進され、社会全体により良い医療の提供が行えるようになります。また、システム化によって、医療機関薬局の間で処方意図や調剤結果についても管理サービス経由で共有することができ、医師と薬剤師のスムーズな連携が期待されています。今回のセミナーは、「導入するにはどうしたら良いのか?」「何が必要なのか?」あるいは「そもそも電子処方箋についてよくわからない」という方へ、そのような悩みの解決をお助けする機会になっております。当日は、ゲストスピーカーとして厚生労働省の伊藤建様と薬局向けの情報誌「ファーマスタイル」編集長の川瀬貴之様をお招きして、薬局が対応すべきことを具体的に解説していただきます。

開催日時:2023年2月21日(火)19:30~20:30

【株式会社メドレー様 × 株式会社Axis共催セミナー】電子処方箋「仕組みを持ったら一安心?」改めて学ぶ 電子処方箋とともに生まれ変わる薬局 未来の薬局の生存戦略とは?

2023年1月26日に電子処方箋の運用が開始となりました。今回のセミナーでは、改めて、電子処方箋の施行の背景・目的と薬局が用意すべきことを解説していきます。また、本プログラムでは、電子処方箋だけでなく薬局の恒久的なDX化について、薬局様向けのソフトウェアメーカー2社による対談を実施いたします。電子処方箋の導入が浸透した未来では、患者と薬局のつながり方が変わって行くと考えられます。「電子処方箋の準備」にとどまるだけでなく、一歩進んで、電子処方箋の普及前に薬局が備えておくべき準備や仕組みについて解説します。新しい時代に向け、新たな可能性を探求し、薬局の未来を切り開いていきましょう。是非ご聴講ください。

開催日時:2023年2月14日(火)19:30~21:00

【新薬情報、見つけにくい?わかりづらい?】PMDAを使いこなして新薬情報を手に入れろ~新薬の情報収集について考える~

株式会社アクシスと一般社団法人ファルマ・プラスは、2023年2月14日(火)19:30~より、調剤薬局・薬剤師向けセミナーとして、慶応義塾大学病院 薬剤部 医薬品情報・管理・治験担当である木村先生にご登壇いただき、新薬の情報収集に関する無償認定セミナーを共催いたします。新薬を取り扱う際には情報収集をすることが基本ですが、PMDAから入手できる情報だけでも、多くの情報が入手できます。現在、慶応義塾大学病院では多くの薬局の先生方の研修を受け入れられていますが、インタビューフォーム、審査報告書、RMPを見る機会はそこまでないという話を聞いています。これらを見るだけでも得られる情報が多いので、より効率的で実践的な新薬情報の探し方を、この機会にぜひ学んでみてください。

お役立ち情報、冊子無料ダウンロード

IT導入補助金2022のIT導入支援事業者に登録されました!

IT導入補助金2022のIT導入支援事業者に登録されました!
IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートする補助金です。 くわしくはIT導入補助金のページよりご確認下さい。
https://medixs.jp/ithojo2022/