お問い合わせ・資料請求
03-6427-3067
平日受付 11:00 〜 18:00

アドヒアランスとは?
服薬アドヒアランス向上のための薬局・薬剤師の役割とは?

近年、「アドヒアランス」という言葉をよく耳にするようになりました。
「アドヒアランス」とは、「患者が積極的に治療方針の決定に参加し、その決定に従って治療を受けること」を意味します。(日本薬剤師会による定義)



なぜ薬局がアドヒアランスを意識すべきなのか?

高齢化が進み医療費がかさむ日本において、効率よく治療を行う必要性が以前にもまして高まってきています。
そういった取り組みの中で、患者さんが正しく薬の服用をできないのは患者さん側の問題だという考えを改め、
患者さんが治療に積極的に参加(アドヒアランス)することが必要だと考えられるようになってきました。
患者がなぜこのお薬が必要かの意味・意義を理解して意識すること、「服薬アドヒアランス」の向上により、治療の効果は大幅に向上していくと考えられています。

そのため、患者さんに正しく服用してもらえる服薬指導をすることが、薬剤師に求められるようになっています。

薬剤師の役割は、薬の正しい服用がされていない実態の改善

近年、患者さんが処方された医薬品を正しく服用していないことが大きな問題となっています。

  • 服薬が手間で飲まない、または飲み忘れる
  • 患者自身が効果を実感していない
  • 一時的な症状改善などを理由に、自己判断で服用を中止してしまう
  • 薬を多く飲むほど効くと思い、指示より多く飲んでしまう
  • 残薬がある

このような患者さんに主体性を持って正しく治療に取り組んでもらうためには、いったいどうしたらよいのでしょうか?
患者さんなりの理由・原因を探り、改善を促していきましょう。

なぜ薬は正しく服用されないか?

よくある原因① 副作用への心配

薬によって副作用はさまざまで、患者さんにとって副作用は効果と同じぐらい気になる要素です。
薬局内で薬剤師と患者さんが接する時間はわずかですが、患者さんの生活習慣で副作用の影響を特に受けそうなものがないか確認しておきましょう。
※今回の診療報酬改定で、薬学的管理に基づく生活像の記載が必要になりました。

よくある原因② 効果が実感できない不安感

患者さんは薬を飲めばすぐに効くのではと思うことがあります。
たとえ時間がかかるとは漠然と分かっていたとしても、ある程度早い段階で効果が出ることを期待してしまうものです。
効果を実感できないことで飲んでも意味が無いのではないか?と思い服薬を中断することや、逆に過量服薬をするかもしれません。

そうならないように、基本的には治療の見通しを説明するのがよいとされています。
おおよそこのくらいから効果が出始めるという目安を示すと、そこまではやめてはいけないという意識付けになります。

よくある原因③ 薬が飲みにくい

形状や大きさによっては薬をうまく飲み込めないというケースもあります。
そうした場合、形状を変えることができないか。服薬ゼリーなどの利用をしたほうがよいかということを検討できるでしょう。
飲みやすさについてヒアリングして、医師に疑義照会をすることで形状を変えて提供することができるかもしれません

電子薬歴で入力時間の短縮をすることで
服薬指導に時間をかけて服薬アドヒアランス向上を。

患者さんの服薬アドヒアランスを向上させるには、服薬指導に充分な時間が必要になります。薬歴にも患者さんの生活像や次回の服薬指導でどういった点を話そうかと書く必要があります。
そのため、紙薬歴をお使いの薬局様は電子薬歴を使うことにより、薬歴の入力時間を短縮することをオススメしています。

各薬剤に紐づいた指導文例から選んで患者さんに最適な指導を選び、クリックで入力ができ、前回との差分を自動抽出して入力できる機能等があるため、入力時間を大幅に短縮できます。
患者さんに関するメモや処方履歴は、以後の来局時や同じチェーン店舗でも共有することもできるので、何度も同じことを聞く手間が省けて効率的です。
また、メディクス2は24時間対応・訪問調剤・iPadにも対応、診療報酬改定(2018年度)にも対応しています。

まずは資料請求・お見積りなど、お気軽にお問い合わせフォームからご相談ください。

ご質問・ご要望など、お気軽にお問い合わせください。
資料請求・お試しデモも無料です。
Homeお役立ち情報アドヒアランスとは