お電話でお問い合わせ

03-6427-3067

平日受付:10:00〜18:00

診療報酬改定対応 かかりつけ薬局

お役立ち情報 - 薬局に関わる法律知識

かかりつけ薬局になるために

はじめに

2018年度の調剤報酬改定で、調剤基本料への「地域支援体制加算」の新設に伴い「基準調剤加算」が廃止されます。


地域支援体制算

出典:厚生労働省ホームページ
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000193708.pdf


「基準調剤加算」の廃止は、薬局の収益に大きな影響を与える見込みです。
そのため、「地域支援体制加算」の要件を満たすために様々な面で備える必要があります。
「地域支援体制加算」の施設基準について、以下が含まれています。


  • 24時間調剤および、在宅患者に対する薬学的管理・服薬指導に必要な体制が整備されている

「基準調剤加算」がなくなり、今後はさらに対人業務を重視した方向へシフトしていく動きが見えます。 この機会に、「地域支援体制加算」の施設基準を満たすための取り組みを検討してみませんか。

かかりつけ薬局とは?
かかりつけ薬局になるための条件

かかりつけ薬局」は患者様に選ばれてはじめて「かかりつけ薬局」となる事ができます。
「在宅訪問・24時間対応」に対応する事が推奨されています。


かかりつけ薬局

労力を考えると、かかりつけになるメリットが薬局側にとっては無いように思えるかもしれません。
そこで、薬局・薬剤師・患者様のそれぞれの目線でかかりつけ薬剤師・薬局のメリット・デメリットを紹介します。

かかりつけ薬局のメリット・デメリット

メリット

収益の増加
「かかりつけ薬剤師指導料」の診療報酬が加算される事で、収益増加が見込まれます。
患者様の一元的・継続的な健康サポート
患者様の処方薬や市販薬などを総合的に管理できるため、患者様の一元的・継続的な健康サポートができます。

デメリット

人件費の増加
かかりつけ薬剤師には、資格手当や24時間対応による時間外手当などを支払う必要があるため、人件費が増加してしまいます。
異動の制限
かかりつけ薬剤師の要件の通り、かかりつけ薬剤師は同一薬局での一定時間の労働勤務、一定期間の在籍が求められるため、複数店舗間を異動させる事が難しくなります。
複数店舗をかけもちしている薬剤師は柔軟な対応が難しくなります。

患者様にとってのメリット・デメリット

メリット

一元管理
指定した薬剤師が服用薬を一元管理する事で、重複投薬や相互作用の防止に繋がります。
また、薬剤師に薬や健康に関する相談に乗ってもらう事ができます。
24時間・在宅医療
夜間・休日などでも緊急時であれば、かかりつけ薬剤師に電話相談ができます。
薬局に行くことが難しい場合は在宅での服薬指導や調剤も依頼できます。

デメリット

自己負担額の増加
かかりつけ薬剤師を指定する場合、600円前後(※)追加の自己負担額が発生します。
※)1割負担の場合
毎回、同じ薬局に行く必要がある
かかりつけ薬剤師や、かかりつけ薬局を指定する場合は、毎回同じ薬局に処方箋を持って行く必要があります。
複数の病院に通っている場合は、病院付近の薬局が使えないため不便になります。

在宅訪問・24時間対応の機能を備えた、電子薬歴 メディクス2

電子薬歴メディクスは、調剤報酬改定で推奨されている「在宅訪問・24時間対応」機能に対応しているため、かかりつけ薬剤師の業務の際に便利に活用できます。


薬局経営

検索
電子薬歴メディクス2 お問い合わせ
電子薬歴メディクス2 お試し無料デモ申し込み
電子薬歴メディクス2にお電話でお問い合わせ
電子薬歴メディクス2 お問い合わせ
電子薬歴メディクス2 お試し無料デモ申し込み
電子薬歴メディクス2にお電話でお問い合わせ