紙薬歴と電子薬歴の比較・メリット
価格、時間、安全性等について

薬局において薬歴の管理方法は非常に重要な問題ですよね。
時間の経過とともに膨大になっていく薬歴を安全かつ、効率的に管理するには紙薬歴か電子薬歴どちらで保管するのがよいのでしょうか? 双方のメリット・デメリットを比較してみましょう。

紙薬歴について

紙薬歴のメリット

  • 誰でも扱うことが出来る。
  • パソコン画面よりも目に優しく、見やすい。

紙薬歴は書き方さえ知っていれば誰にでも扱うことができます。機械では操作方法の違いなどで戸惑うこともありますが、紙であればそうした心配は一切要りませんね。
また、パソコンと違い長時間見ていても疲れにくいという事もあり、まだまだ紙で薬歴を取り扱っている薬局は多いです。



紙薬歴のデメリット

  • 薬歴を探すのに時間がかかる。
  • 火災などが起きると薬歴を失ってしまう。
  • 盗難にあうと薬歴や個人情報が流出してしまう。
  • 薬歴を書くのに時間がかかる。
  • 記録する薬剤師によってくせなどが出てしまう。
  • 保管場所を確保する必要がある。

「電子薬歴に比べると記入に時間がかかる」ことが紙薬歴の大きなデメリットです。 手書きの場合、決まり文句も毎度、一から記載する必要があります。
記載する人によって内容にくせが出てしまうのも困りものです。
特に、診療報酬改定など法律が変更になったときなどは、慣れるまでこうした記載ミスが起こりやすくなってしまうかもしれません。
また、大量の薬歴を保管している場合は特に手間がかかり、探すのが大変というだけでなく保管場所も確保しなくてはなりません。ただ置いておけばよいというだけでなく、安全にも気を配らなければなりません。外部の人が簡単に入れないセキュリティーを築くのはもちろんのこと、盗難や紛失にも気をつけなければいけません。

では、これら紙薬歴について回る問題を、電子薬歴は解決することができるのでしょうか?

電子薬歴について

紙薬歴よりも便利? 電子薬歴のメリットとは

  • 薬歴入力時間が短縮できる。
  • 薬歴データの紛失が起きない。
  • 併用・禁忌のチェック等が自動でできる。
  • 添付文書が1クリックで見られる。
  • 時間短縮と情報の見逃しが無くなり、服薬指導の質が上がる。
  • 患者や病院の情報などは、レセコンから抽出され自動で入力される。
  • 場所を取らない。
  • 訪問調剤や、グループ内の他店舗でも閲覧可能。

まず、薬歴入力時間を短縮できることが電子薬歴の大きなメリットです。
検索すればすぐに必要な薬歴を探し出せますし、 頻繁に使う文章はテンプレート化されているものも多く、候補の文章を選んでクリックするだけで入力できたりします。
併用や禁忌の自動チェックや、見落とし防止策もなされているので万が一の事故防止に役立ちます。

また、ノートパソコンやiPadで閲覧できる電子薬歴なら、訪問調剤や薬局移動の間でも閲覧することが可能です。
診療報酬改定で「24時間対応」や「訪問調剤」が推奨される今、電子薬歴はそれらに対応するのに適しています。

また、紙薬歴より安全ということも大きなメリットのひとつです。紙薬歴の場合、もしも盗まれてしまったら即刻個人情報が流出してしまいます。 電子薬歴は、パスワードなどの管理がされているため、たとえ端末を盗られてしまったとしても薬歴の情報を見ることはできません。
その中でも、クラウド型の電子薬歴はパソコン自体には薬歴データは保管されていないので、盗難・紛失しても薬歴データが無くなることはありませんし、サーバーは不正なアクセスをブロックする高いセキュリティで守られています。

このように、入力時間の短縮・診療報酬改定の対応・セキュリティ面を考え、紙薬歴から電子薬歴に移行する薬局が近年急速に増えています。



いいことばかりじゃない?電子薬歴のデメリットとは

  • 料金がかかる。
  • 使い方を覚えなければいけない。
  • パソコン等の機器が故障すると、機器を買い換えなければならない。
  • 書類や印刷物など、電子薬歴とは別に管理が必要。
  • データ管理のセキュリティに注意する必要がある。
  • 停電時に薬歴を確認する手段(自家発電など)の準備が必要。
  • 薬歴の内容に多様性がなくなる。

月々のサービス費用や導入時の初期費用、パソコン購入費などの費用が必要です。メーカーによっては数年ごとに更新費や、途中解約の違約金が発生する場合もあります。
また、使い方を覚えなければいけないので、ものによっては操作が難しいと感じる薬剤師さんもいるかもしれません。

全ての電子薬歴が上記のメリット・デメリットに当てはまるわけではなく、それぞれのメーカーによって機能や費用、使いやすさは異なります。 選んだ電子薬歴によっては融通が利かず、かゆいところに手が届かないと感じるかもしれません。

電子薬歴は操作が難しい!
そんなお悩みを解消すべく、メディクスは生まれました。


電子薬歴メディクス特有のメリット

  • 何台置いても一律料金だから、低コスト。
  • すぐに覚えられる、簡単操作。
  • 動作スピードが速い。
  • チェーン薬局の支店間で薬歴データや患者データを共有できる。
  • チェーン店舗の未記入・保留の薬歴一覧を確認でき、未記入の薬歴が残らない。
  • 指導文マスタから選んでクリックするだけで入力できる等、「入力補助機能」がある。
  • 夜間・休日・他店舗でも薬歴が見られる。
  • iPadでも使えるから、「訪問調剤」や「グループ内他店舗での使用」に対応できる。

電子薬歴は操作が難しそうと思われるかもしれませんが、メディクスはシンプルな操作で入力できるので、1日あればすぐ操作になれる設計となっております。

費用の面では、機械が何台に増えようとも月額一律料金なのが特長です。
他社の電子薬歴では、台数に応じて費用が増えるものがほとんどです。

今お持ちのパソコン1台で始められるのも、導入費用を抑えられる良い所です。
他社の電子薬歴では、指定のパソコンと指定の周辺機器一式を購入などで費用が高額になる場合が多いです。

また、メディクスはクラウド型なので、いつでもどこでも参照でき、チェーン店舗間で薬歴を管理できる機能も充実しています。
セキュリティ面は、メディクスは厚生労働省が公開しているガイドラインに準拠した通信を行っています。サーバーは、薬局設置型では置けないような高性能な機器を使用し、高いセキュリティで守られています。

事前に無料デモもご用意しております。ご質問、お見積など、お気軽にお問い合わせください。

料金体系

メディクスの料金プランは「何台置いても月額利用料一律」が特長です。
ご導入時は初期手数料と、あとは月額利用料のみでご利用いただけます。
詳しくはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。
※薬局外に持ち出してメディクスを利用する場合は別途設定および利用料金が必要です。

料金プランの詳細はこちらから

よくある質問

導入に必要な期間はどのぐらいですか?
通常は2週間ほどでご導入が可能です。導入時期によってはお時間を頂くこともございます。
メディクスは高スペックのパソコンでなければ使えないのでしょうか?
いいえ。ノートパソコンやiPad・Surface・Chromebookなどのタブレット端末でも薬歴の記入ができます。
メディクスはレセコン一体型の薬歴ですか?
メディクスはクラウド型電子薬歴です。レセコン一体型ではなく、お使いのレセコンと連動させることで機能します。
地方の薬局ですが、出張デモは可能ですか?
可能です。またオンラインでのご説明も行っております。
無料のお試しが可能な出張デモ、お見積、ご質問など、お気軽にご相談ください。
いま使っているレセコンデータと連携できますか?
NSIPS®に対応しているレセコンであれば連携可能です。
お使いのレセコンがNSIPS®に対応しているかは、現在お使いのレセコンメーカーに確認をお願いします。
他社システムで作成・保存してある過去の処方薬情報は移行できますか?
NSIPS®に対応しているレセコンであれば過去の処方薬情報を移行できます。
他社システムで作成・保存してある電子薬歴は移行できますか?
「電子薬歴データ交換仕様に関する連絡協議会(exPD:association for exchange of Pharmacy electronic medical record Data)」に加盟している電子薬歴のデータは、データ移行が可能となります。
その他のご質問

セミナー情報

開催日時:2022年9月13日(火)19:00~20:00

【ちょっとだけがんばればできる小児在宅医療】今こそはじめる小児在宅

本セミナーでは、『ちょっとだけがんばればできる小児在宅医療』と題しまして、医師側から小児在宅医療の実情を解説いただきます。 何かと大変だと思われがちな小児在宅医療、実は負担をそこまで大きくせずに取り組める道もあります。講師として、大阪府堺市で小児在宅医療と在宅緩和ケアを中心に取り組んでいらっしゃる医療法人輝優会「かがやきクリニック」院長、南條浩輝先生をお招きします。在宅療養支援診療所の院長が自ら語る小児在宅医療の今とこれから、貴重な機会です。是非お申し込みください。

開催日時:2022年8月25日(木)19:00~20:00

【ご好評につき再放送】〜最近の攻撃はこんなに巧妙なの??〜 【今薬局が狙われている!?】後で後悔しない薬剤師が知っておくべき薬局のセキュリティ対策 (基礎)

セキュリティエキスパート株式会社(GSX)との強力タッグで、医療現場におけるネットセキュリティ対策、いわゆる「サイバーセキュリティ対策」の現状を読み解き、今後の事故の予防策と発生時の対応をお伝えします。今回のセミナーでは、個々に対応が必要な状況ではあるが対策が足りていない、という医療業界の現状を踏まえた上で、インターネット上での事故の予防策と発生時の対応から対策までを解説します。「医療業界・薬局業界」と「サイバーセキュリティ対策」の今と未来を同軸で学ぶことのできる数少ない機会です。

開催日時:2022年8月23日(火)19:00~20:30

メディクス製品相談会『今使っているものとどう違うの?』

今回はクラウド型電子薬歴「メディクス」の製品相談会です。「最近よく耳にするクラウド型の薬歴ってなんなの?」「今使っている電子薬歴と何が違うの?」そういった疑問を解決する相談会となっています。今お持ちのお悩みを気軽にご相談ください。2022年の診療報酬改定の方針でも取り上げられているように、今まで以上に対人業務に対する評価が見直されます。一方で、対物業務が減るわけではありません。対人業務の充実と、対物業務の効率化の両立が求められます。これらをじっくりと解説します。

開催日時:2022年8月18日(木)19:00~20:00

再放送【周りから一歩先行くために】薬局がウェブでやるべき3つのこと(中級編)

去る5月19日開催の無料オンラインセミナー『【周りから一歩先行くために】薬局がウェブでやるべき3つのこと(中級編)』のご好評を受け、8月18日に再放送を行います!今回も、引き続き、調剤薬局経営の中でもどうしても後手になりがちな「ウェブ対策」に注目します。どのようにインターネットと向き合えばよいのか、今後ウェブサイトを通して患者さんを増やすにはどうしたらよいのか、かかりつけ薬局として選ばれるためにウェブサイトでどうアピールすべきか、など、いろいろお悩みもあるかと思います。ただ、「薬局のウェブ集客」という命題に対し、具体的な解答が見つかりにくいのが現状と言えます。このような課題に対し、弊社のデザイナーとマーケターが、具体的な事例を交えて解決方法をご案内します。

お役立ち情報、冊子無料ダウンロード

IT導入補助金2022のIT導入支援事業者に登録されました!

IT導入補助金2022のIT導入支援事業者に登録されました!
IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートする補助金です。 くわしくはIT導入補助金のページよりご確認下さい。
https://medixs.jp/ithojo2022/