資料請求 無料デモ申込

紙薬歴と電子薬歴の比較・メリット
価格、時間、安全性、普及率・シェア等について

電子薬歴をご検討の薬局様へ。 「電子薬歴は紙薬歴と比較して何が良いの?」という疑問にお答えします。


紙薬歴について

メリット

  • 誰でも扱うことが出来る。
  • パソコン画面よりも目に優しく、見やすい。

デメリット

  • 薬歴を探すのに時間がかかる。
  • 火災などが起きると薬歴を失ってしまう。
  • 盗難にあうと薬歴や個人情報が流出してしまう。
  • 薬歴を書くのに時間がかかる。
  • 記録する薬剤師によってくせなどが出てしまう。
  • 保管場所を確保する必要がある。

紙薬歴は、誰でもすぐ扱えて昔から馴染みがあるため、まだまだ取り扱っている薬局が多いです。
しかし、「電子薬歴に比べると入力に時間がかかる」ことが大きなデメリットです。
薬剤師さんによって薬歴の内容にくせが出てしまったりなど、管理上の問題もあります。 最近では、診療報酬改定により「在宅訪問・24時間対応・残薬管理・処方チェック・疑義照会」等に対応することが推奨され、それらに対応出来る電子薬歴を探している薬局様も増えています。


電子薬歴について

メリット

  • 薬歴を探すのに時間がかからない。
  • 薬歴データの紛失が起きない。
  • 併用・禁忌のチェック等が自動でできる。
  • 添付文書が1クリックで見られる。
  • 時間短縮と情報の見逃しが無くなり、服薬指導の質が上がる。
  • ネットワーク型の電子薬歴は、夜間・休日・他店舗でも薬歴が見られる。
  • タブレット端末にも対応している電子薬歴は「訪問調剤」や「薬局間移動」にも対応できる。
  • 患者や病院の情報などは、レセコンから抽出され自動で入力される。
  • 場所を取らない。

デメリット

  • 使い方を覚えなければいけない。
  • 料金がかかる。
  • パソコン等の機器が故障すると、機器を買い換えなければならない。
  • 書類や印刷物など、電子薬歴とは別に管理が必要。
  • データ管理のセキュリティに注意する必要がある。
  • 停電時に薬歴を確認する手段(自家発電など)の準備が必要。
  • 薬歴の内容に多様性がなくなる。

電子薬歴は「薬歴入力時間を短縮」できることが大きなメリットといえます。
入力時間の短縮による、残業カットや服薬指導の質向上などを考え、近年導入する薬局が増えています。
電子薬歴はメーカーによって搭載している機能が異なるので、全ての電子薬歴が上記のメリット・デメリットに当てはまるわけではなく、それぞれ特徴があります。
薬局様によって電子薬歴を探すポイントも異なり、「料金」「使いやすさ」「チェーン薬局向けの管理機能」「医療報酬改定に対応した機能」など、求めるポイントは様々です。


電子薬歴のデメリットも、メディクス2なら解決!



使い方を覚えなければいけない。
メディクス2はパソコンが苦手な方でも1日で操作を覚えられます。
料金がかかる。
料金はかかりますが、メディクス2は設置台数が多くても一律料金で導入できるので低コスト。
パソコン等の機器が故障すると、機器を買い換えなければならない。
お手持ちのPCやタブレットで使用できるため、専用機器の購入は不要です。弊社がご用意した機材が故障した際は、代わりの機材に交換させていただきます。
書類や印刷物など、電子薬歴とは別に管理が必要。
タブレット端末なら写真登録が可能です。
また、「患者メモ」機能でメモを残せば、薬剤師全員で見ることができます。
データ管理のセキュリティに注意する必要がある。
厚生労働省が公表しているガイドラインに準拠したセキュアな通信です。
停電時に薬歴を確認する手段(自家発電など)の準備が必要。
タブレット端末やノートパソコン(+VPN)などを使うことで、停電時も利用できます。
薬歴の内容に多様性がなくなる。
指導例文が豊富なので、患者さんの症状ごとの適切な指導記録が残せます。