お問い合わせ

資料請求
03-6427-3067
平日受付 11:00 〜 18:00

その他の機能

動作スピードが速い

10年分以上の薬歴データが蓄積しても速度低下しません。

患者検索時に、なかなか患者さん情報が表示されなくて困ったことはございませんか?
他社商品では、薬歴データが溜まっていく程、通信スピードが重くなる作りになっている場合が多いです。

一方メディクス2は、10年分以上の薬歴データが蓄積しても操作レスポンスの低下を防ぐ、最先端の高速化技術をとりいれています。
大量のデータを高速に処理できるサーバ専用機で稼働しており、利用者の増加などに伴うシステム負荷を常に監視して適時システム増強を実施しています。

従来の電子薬歴では、速度低下が起きた場合、各薬局がPCやサーバを買い替える必要がありましたが、クラウド型のメディクス2ではデータ量の増加に伴うメンテナンスやストレスから解放されます。



メディクスは、薬歴情報を保護する為に様々なセキュリティ対策を施しています。
薬局と薬歴情報の保管されたクラウドサーバをつなぐ通信には、厚生労働省が公表している「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」に準拠したセキュア通信を採用しています。通信を暗号化し、通信内容の盗み見や改ざんを防ぎます。
また、万が一の利用機材盗難や紛失が起きた場合でも、不正な通信アクセスを遮断することができるので、クラウドサーバ上のデータは安全に保護できます。

個人情報保護の取り組み

プライバシーマーク 個人情報である薬歴データの保管業務は、厳格な個人情報保護基準に沿った運用を行っています。
適切な個人情報保護を行う事業者に認められる「プライバシーマーク」を取得、第三者機関によるシステムのセキュリティ監査を実施するなど、安心安全な情報管理に努めています。

データの保全

薬歴データを保管するデータセンターは、地震等の災害や火災事故に対しての最新鋭の設備が備わっています。またサーバ機器故障の際もバックアップ設備が用意されています。
個々の薬局では対策が難しい高度なデータ保護を実現しています。



ご質問・ご要望など、お気軽にお問い合わせください。
資料請求・お試しデモも無料です。