細部にもこだわった機能

複数人への服薬指導にも対応

電子薬歴メディクスは、ご家族など複数人への服薬指導の場合、ブラウザのタブ機能でスピーディーに切り替えができます。
また、iPadでも同様にブラウザのタブ機能を使うことで、複数の薬歴を同時に閲覧操作可能です。


複数人への服薬指導にも対応
複数人への服薬指導にも対応

2台以上の複数のパソコンから
同じ患者情報を同時に開くことが可能。

メディクスは、同じ患者様の薬歴情報を、複数のパソコンやiPadから同時に閲覧することが可能です。
同時に閲覧している薬剤師さんが居ると、アイコンが表示され、アイコンクリックで誰が閲覧しているかがわかります。
万一、同時に編集・保存した場合は、最後に保存した内容の方が反映されます。
2台以上の複数のパソコンから同じ患者情報を同時に開くことが可能

メディクスでは、クリックするだけで添付文書の閲覧が可能です。
添付文書は毎日更新なので、常に最新版を確認することができます。


また、医療用医薬品だけでなく、OTC医薬品の添付文書も閲覧する事が可能です。


最新の添付文書が閲覧可能

メディクスでは毎月更新されるDSU(医薬品安全対策情報)を直近3ヶ月分まとめて確認することが出来ます。 患者様の安全に関わる情報を簡単かつ迅速に確認することが出来ます。


最新のDSUの確認が可能

前回の処方をもとに計算された残薬値がアイコンで表示されます。
赤いアイコンであれば手持ちが何日分あるはずなのか、グレーアイコンであれば何日分不足していたのかがすぐに分かります。
患者さんの手持ちを確認することで、飲み忘れがあったのかが画面遷移無しで確認出来ます。


服用状況の把握が簡単

次回予約日まで手持ちが足りるか確認が簡単です。
ゴールデンウィークや年末年始など長期休暇を挟む場合や、長期処方の患者さんに是非ご活用ください。


服用最終日

以前服用したことのある薬品が処方された時、「以前」アイコンが自動で表示されます。
「以前」アイコンにカーソルをあわせるだけで、前回調剤日が表示されます。
日付を確認するために画面を切り替えるなどの手間がありません。
前回処方日を表示

メディクスの便利な機能

料金体系

メディクスの料金プランは「何台置いても月額利用料一律」が特長です。
ご導入時は初期手数料と、あとは月額利用料のみでご利用いただけます。
詳しくはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。
※薬局外に持ち出してメディクスを利用する場合は別途設定および利用料金が必要です。

料金プランの詳細はこちらから

よくある質問

導入に必要な期間はどのぐらいですか?
通常は2週間ほどでご導入が可能です。導入時期によってはお時間を頂くこともございます。
メディクスは高スペックのパソコンでなければ使えないのでしょうか?
いいえ。ノートパソコンやiPad・Surfaceなどのタブレット端末でも薬歴の記入ができます。
メディクスはレセコン一体型の薬歴ですか?
メディクスはクラウド型電子薬歴です。レセコン一体型ではなく、お使いのレセコンと連動させることで機能します。
地方の薬局ですが、出張デモは可能ですか?
可能です。またオンラインでのご説明も行っております。
無料のお試しが可能な出張デモ、お見積、ご質問など、お気軽にご相談ください。
いま使っているレセコンデータと連携できますか?
NSIPS®に対応しているレセコンであれば連携可能です。
お使いのレセコンがNSIPS®に対応しているかは、現在お使いのレセコンメーカーに確認をお願いします。
他社システムで作成・保存してある過去の処方薬情報は移行できますか?
NSIPS®に対応しているレセコンであれば過去の処方薬情報を移行できます。
他社システムで作成・保存してある電子薬歴は移行できますか?
「電子薬歴データ交換仕様に関する連絡協議会(exPD:association for exchange of Pharmacy electronic medical record Data)」に加盟している電子薬歴のデータは、データ移行が可能となります。
その他のご質問

セミナー情報

開催日時:2023年9月29日(金)20:00~21:00

薬剤師のための 腰痛対策セミナー

「薬剤師の為の腰痛対策セミナー」を、2023年9月29日 20:00より開催します。 薬剤師さんは、忙しい調剤業務の中、調剤中に長い時間中腰になったり、薬歴の記入で椅子に座り続ける事も多く、同じ姿勢を続けることから、腰痛が悩みの種となっている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか? 本セミナーでは、そんな薬剤師さんが腰痛に悩まされること無く健康的に業務を続けていただけるように企画されました。 腰痛に対して、「1 現状回復」「2 不安対策」「3 予防」の3つのステップをストレッチ・筋力強化・解説のプログラムからアプローチします。 ライブで実践を行いますので視聴しながら実践も是非お試しください ドーピング0会の吉田哲朗先生と、株式会社アクシスの橘裕樹が講師として参加いたします。 薬剤師としての職業寿命が延長し、患者様へのサービス提供の質も向上をご提案いたします。

開催日時:2023年10月17日(火)19:30~20:30

電子処方箋『どこから始める?』ポイント解説セミナー

電子処方箋の制度が開始され約半年が経過しました。その中で効果や課題が見えてきました。厚生労働省はこの結果を元に電子処方箋の導入をさらに加速させようとしています。更にJAHISよりレセコンと電子薬歴システムを連携させるための仕様を今秋を目処に公開予定です。本セミナーでは改めて電子処方箋を取り巻く最新情報を解説し、実際のシステム上で電子処方箋の受付から調剤結果の送信までの流れを体験頂きます。各調剤薬局で電子処方箋を導入するにあたり本セミナーを受講する事で、電子処方箋への理解やスムーズな導入に向けたセミナーとなっております。

開催日時:2023年10月19日(木)19:00~20:00

Axis主催セミナー 他の薬局の戦略を学ぼう 今日から使える「薬歴の書き方」〜薬歴虎の巻シリーズ〜

今回は、株式会社pharb 吉田先生の薬歴の書き方をご紹介いたします。薬歴を記載する際は、記載漏れをなくし、必要な情報をすべて記載すること、そして第三者が見てもわかりやすく記録することがとても大切です。薬歴は患者様の状況や服薬に関する情報を記録するものですが、薬局ごとに、どのような情報を重視するかや、どのような形式で記録するかなどは地域・特徴等で異なることもあります。だからこそ「他の薬局はどのように薬歴を記載しているのか?」「薬局全体・個人でどんなことに気をつけているのか?」と気になっている方も多いのではないでしょうか?本セミナーでは、そのような背景をふまえた薬歴の書き方とコツをご紹介いたします。「他の薬局のノウハウに触れてみたい」「知識を高め独自のスキルを磨きたい」など薬歴の精度向上に興味がある方は是非ご参加ください。