お問い合わせ・資料請求
03-6427-3067
平日受付 11:00 〜 18:00

細部にもこだわった機能

複数人への服薬指導にも対応

電子薬歴メディクスは、ご家族など複数人への服薬指導の場合、ブラウザのタブ機能でスピーディーに切り替えができます。
また、iPadでも同様にブラウザのタブ機能を使うことで、複数の薬歴を同時に閲覧操作可能です。


複数人への服薬指導にも対応
複数人への服薬指導にも対応

2台以上の複数のパソコンから
同じ患者情報を同時に開くことが可能。

メディクス2は、同じ患者様の薬歴情報を、複数のパソコンやiPadから同時に閲覧することが可能です。
同時に閲覧している薬剤師さんが居ると、アイコンが表示され、アイコンクリックで誰が閲覧しているかがわかります。
万一、同時に編集・保存した場合は、最後に保存した内容の方が反映されます。
2台以上の複数のパソコンから同じ患者情報を同時に開くことが可能

メディクス2では、クリックするだけで添付文書の閲覧が可能です。
添付文書は毎日更新なので、常に最新版を確認することができます。


また、医療用医薬品だけでなく、OTC医薬品の添付文書も閲覧する事が可能です。


最新の添付文書が閲覧可能

メディクス2では毎月更新されるDSU(医薬品安全対策情報)を直近3ヶ月分まとめて確認することが出来ます。 患者様の安全に関わる情報を簡単かつ迅速に確認することが出来ます。


最新のDSUの確認が可能

前回の処方をもとに計算された残薬値がアイコンで表示されます。
赤いアイコンであれば手持ちが何日分あるはずなのか、グレーアイコンであれば何日分不足していたのかがすぐに分かります。
患者さんの手持ちを確認することで、飲み忘れがあったのかが画面遷移無しで確認出来ます。


服用状況の把握が簡単

次回予約日まで手持ちが足りるか確認が簡単です。
ゴールデンウィークや年末年始など長期休暇を挟む場合や、長期処方の患者さんに是非ご活用ください。


服用最終日

以前服用したことのある薬品が処方された時、「以前」アイコンが自動で表示されます。
「以前」アイコンにカーソルをあわせるだけで、前回調剤日が表示されます。
日付を確認するために画面を切り替えるなどの手間がありません。
前回処方日を表示

ご質問・ご要望など、お気軽にお問い合わせください。
資料請求・お試しデモも無料です。