お問い合わせ

資料請求
03-6427-3067
平日受付 11:00 〜 18:00

入力サポート機能

例文を選んでクリックするだけで入力!

入力サポート

メディクスではグループ共通テンプレート・個人専用テンプレートがそれぞれ作成できます。
グループ共通テンプレートとは、グループ内での優れた指導文例を共有し、活用できる機能です。
個人専用テンプレートとは、薬剤師個人がよく使う指導文を、自分専用のテンプレートとして保存できる機能です。
個人テンプレート 個人テンプレート
自分の言葉で書いた指導文を保存することが可能なので、生きた文章の蓄積に繋がります。
既存の指導文例をアレンジして保存することもできるので、使えば使うほど便利になる機能としてご利用頂けます。

導入して頂いている薬局様においては、花粉症の方やインフルエンザの患者様などに対する指導文例の保存といった形で活用されています。
また、指導テンプレートは医薬品に紐づけて登録することが可能です。
起床時服用や月1回服用の薬剤など、特定の薬剤に対する指導の記録を効率的に実施できます。



医薬品に紐づいた「指導文マスタ(1薬品につき10種類以上)」と、「副作用」の症状を、同じ画面から選択クリックで入力することができます。
特に据え置きのパソコンに比べて文字入力が遅くなってしまうiPadで効果的です。

ココがポイント!

前回「注意喚起」した副作用を、今回「確認」することを忘れないように、前回指導内容項目に「確認」ボタンが表示されます。
経過を追った指導内容作成をサポートします。

医薬品に紐づいた指導文マスタ

前回処方と今回処方を比較し、差分を薬歴に記載するのは、一苦労。
メディクスでは、ボタン一つで、詳細な差分を薬歴に記載することができます。
この機能は薬歴への記載だけでなく、投薬時の指導内容の確認にもなることでご好評いただいております。
高齢のかたで多くの薬剤を複数の科から処方されている場合など、どうしても薬剤の用量変更や日数変更など細かな変更点を見落としてしまう可能性があります。
処方鑑査の最終確認としてメディクス2の医薬品差分機能を是非ご利用下さい。
薬剤師さんの細かな注文を盛り込んだ、地味ながらこだわりの機能です。

ココがポイント!

「新規」や「削除」、「Do」だけではなく、日数の変更や容量・用法の変更、「以前」に出ていた日付表示など、目視で確認が必要だった差分も、ボタン一つで抽出できます。

前回処方と今回処方の差分

自動で表示される処方監査ポップアップ画面で、 「禁忌」「併用禁忌」のチェックがかかった場合には、「疑義照会する」ボタンが表示されます。
クリックすると、その処方元や対象医薬品があらかじめセットされたフォームから、ダイレクトに疑義照会内容が入力できます。

処方監査・疑義照会

以前服用したことのある薬品が処方された時、「以前」アイコンが自動で表示されます。
「以前」アイコンにカーソルをあわせるだけで、前回処方日が表示されます。
日付を確認するために画面を切り替えるなどの手間がありません。
前回処方日を表示

メディクス2は、薬歴入力に必要な情報が1画面にまとめて表示されます。
ページを行き来することなく、前回と今回の処方を見比べながら入力を行えます。
メディクス2は直観的な操作で使いやすいと、ご好評いただいております。
パソコンが苦手な方や、ご高齢の薬剤師の先生方でも、薬歴入力の基本操作は1日でマスターすることができます。
現在ご導入頂いている薬局様の約9割以上で、使い始めた初日からメディクス2で薬歴を書き始めて頂いております。


薬歴入力画面
ココがポイント!

パソコンでもiPadでも、画面レイアウトは同じ。
入力方法が同じなので別々の操作を覚える必要はありません。



ご質問・ご要望など、お気軽にお問い合わせください。
資料請求・お試しデモも無料です。