お問い合わせ

資料請求
03-6427-3067
平日受付 11:00 〜 18:00

システム開発を外部委託せず、全て自社で開発。
だから、改善案をすぐに取り入れ改善していく力が強い。

電子薬歴のアップデート

メディクス2はシステム開発を外部委託せず、自社の中に開発チームをがあるからこそ、改善案がストレートに反映されていきます。
2017年のアップデート回数は38回。細かな部分も含めるとアップデート項目は500を超えます。
「こんなことができたら」という薬剤師さんの声を取り入れながら、進化を続けてきました。
ご要望を無事実装できたとき、薬剤師さんから頂く感謝の一言に、やりがいを感じています。
※機能アップデートはインターネットを通じて自動で実施されますので、お客様の方で面倒なアップデート作業等は発生しません。

1日に500人以上の薬剤師さんが使っている電子薬歴。
書かれる薬歴の数は1日あたり20,000件以上。

多い日には500人を超える薬剤師さんが20,000以上の薬歴をメディクスで作成していらっしゃいます。
たくさんの利用者が同時に使うとレスポンスが遅くなる、という問題をクラウドサービスは抱えがちですが、薬剤師さんに快適にサービスを利用していただけるよう、創業時から蓄積した大規模サービスの運用ノウハウを活かし日々努めております。

高速化技術で秒間3500を超えるアクセスを処理する実績

人気のクラウドサービスは100万人以上が利用することもあります。
アクセスが集中すると、時にはレスポンスが遅くなる問題をかかえます。
弊社では豊富な運用実績から、高速化技術をフル活用し、5年以上の大規模サービスを安定運用している実績があります。

堅牢なセキュリティ

堅牢性と安定性を求められる金融機関向けシステムをクラウドで運用しております。
旧環境では物理サーバで稼働していたシステムをp2v技術によってクラウドに移管し、 3年以上安定運用している実績があります。

ご質問・ご要望など、お気軽にお問い合わせください。
資料請求・お試しデモも無料です。