お問い合わせ

資料請求
03-6427-3067
平日受付 11:00 〜 18:00

監査・指導への取り組み

未入力薬歴を残さない。

「未入力」や「保留」になっている薬歴の数を集計し、「見える化」することで、薬歴の未記載を予防します。
未記載の薬歴の確認・編集ができるので、漏れなくしっかりと薬歴データを残すことができます。
グループ店舗の薬歴の記載状況も、リアルタイムで確認することができます。


① 診療報酬改定で推奨されている機能へ対応しました

電子薬歴メディクス2は、診療報酬改定 平成30年度(2018年)で推奨されている以下の機能に対応しています。

電子薬歴メディクス2は診療報酬改定に対応

②「継続的な薬学的管理及び指導の留意点」に対応しました

SOAP等の指導区分項目を自由にカスタマイズ 薬学管理料の算定要件として、「今後の継続的な薬学的管理及び指導の留意点」の記載が追加されました。
メディクス2では、SOAP等の指導区分項目を自由にカスタマイズすることができます。
例えば、「留意点」という項目を追加し、さらに「入力必須」の設定にすることにより、記入忘れも防止することができます。

③「服薬情報提供書」の管理サポートをはじめました

情報提供書 服薬情報提供料について、保険医療機関の求めがあった場合における評価が20点から30点に見直されました。
メディクス2では、必要事項をフォームに入力すると、情報提供書として出力、印刷することができ、情報提供書の管理をサポートします。

厚生労働省による 診療報酬改定 平成30年度(2018年)の方向性

診療報酬改定 診療報酬改定
「患者のための薬局ビジョン」~「門前」から「かかりつけ」そして「地域」へ~ 平成27年10月23日 かかりつけ薬剤師・薬局が持つべき3つの機能 厚生労働省公表資料改変 ・地域包括ケアシステムの一翼を担い、薬に関して、いつでも気軽に相談できる かかりつけ薬 剤師がいることが重要。 ・かかりつけ薬剤師が役割を発揮するかかりつけ薬局が、組織体として、業務管理(勤務体制、 薬剤師の育成、関係機関との連携体制)、構造設備等(相談スペースの確保等)を確保。 1.服薬情報の一元的・継続的把握 ・主治医との連携、患者からのインタビューやお薬手帳の内容の把握等を通じて、患者がかかっている全ての医療機 関や服用薬を一元的・継続的に把握し、薬学的管理・指導を実施。 ・患者に複数のお薬手帳が発行されている場合は、お薬手帳の一冊化・集約化を実施。 2 開局時間外でも、薬の副作用や飲み間違い、服用のタイミング等に関し随時電話相談を実施。 夜間・休日も、在宅患者の症状悪化時などの場合には、調剤を実施。 地域包括ケアの一環として、残薬管理等のため、在宅対応にも積極的に関与。 (参考)・現状でも半分以上の薬局で24時間対応が可能。(5.7万のうち約3万の薬局で基準調剤加算を取得) ・薬局単独での実施が困難な場合には、調剤体制について近隣の薬局や地区薬剤師会等と連携。 ・へき地等では、患者の状況確認や相談受付で、薬局以外の地域包括支援センター等との連携も模索。 3. 医師の処方内容をチェックし、必要に応じ処方医に対して疑義照会や処方提案を実施。 調剤後も患者の状態を把握し、処方医へのフィードバックや残薬管理・服薬指導を行う。 医薬品等の相談や健康相談に対応し、医療機関に受診勧奨する他、地域の関係機関と連携。
かかりつけ薬剤師としての役割の発揮に向けて 平成27年10月23日 厚生労働省公表資料改変 薬中心の業務 ・処方箋受取・保管 ・調製(秤量、混合、分割) ・薬袋の作成 ・報酬算定 ・薬剤監査・交付 ・在庫管理 医薬関係団体・学会等 で、専門性を向上するた めの研修の機会の提供 医療機関と薬局との間 で、患者の同意の下、検 査値や疾患名等の患者情 報を共有 医薬品の安全性情報等の 最新情報の収集 専門性+コミュニケーシ 「薬中心の業務」 ョン 能力の向上 患者中心の業務 ・処方内容チェック (重複投薬、飲み合わせ) ・医師への疑義照会 ・丁寧な服薬指導 ・在宅訪問での薬学管理 ・副作用・服薬状況の フィードバック ・処方提案 ・残薬解消
診療報酬改定 平成30年度(2018年)では、「在宅訪問・24時間対応・処方チェック・疑義照会」に対応することが推奨されています。
ご質問・ご要望など、お気軽にお問い合わせください。
資料請求・お試しデモも無料です。